bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



幻聴
今朝、朝食に入った店で、幻聴と話をしている方に出会いました。


私の背中側の座席に来られたので、最初は電話かな?と思ったのですが、お話の内容が、やや不穏です。


ある種の精神障害のある方々には、症状の1つとして、幻視、幻聴が出る方々があります。幻視の出る方よりは、幻聴の出る方の方が多いかもしれません。


ちょっと振り向いてみました。電話は持っておられません。座席には斜めに腰掛けていて、相手の方が見えているのかな?と、少し思いました。


大抵の方は、幻聴だと言う事を、ご自分で理解されています。

幻聴は、不穏なものもありますし、ご本人が誰かに褒められているケースもあります。


ややヒートアップして来られたので、席を立った時に、ちょっと声を掛けてみました。

幻聴だ、と、自覚がおありになるケースがほとんどですが、非常に稀に、ご自分の幻聴、幻聽が、現実の事だ、と、症状悪化時に感じてしまう方も、無い訳ではないようです。

私の話しかけが、耳に入らないご様子でしたら、しばらくお相手しようかな、と思いました。


その方に、誰とお話をされているのか、丁寧に伺ってみました。


その方は、こちらを向いて、大丈夫です、との事。


それなら、ご本人にお任せすれば良いのです。嫌な事があったりしますと、障害の症状として、どうしても、嫌な記憶が幻聴を引き起こしてしまいます。


ご本人は辛いのではないかなあ?と思うのです。

声を掛けたら、大丈夫です、との事なので、幻聴?と一応聞いて、早く聞こえなくなると良いですね、大事にして下さいね、と返事をして、店を出ました。


かなりコントロールなさっている方だろうな、と感じましたが、私はその方の支援者ではないので、幻聴から解放してあげる事は出来ません。


ひょっとしたら、お1人で幻聴にはまっている時に、現実の人間が、現実の世界の話しかけをする事で、輪廻の様に回っている、嫌な気持ちから、抜け出すのが、少しは早くなると良いなあ、と、感じた事でした。

当事者の方で、もっとコントロールが出来る方には、話し掛けると、今、幻聴と話してるから、待ってて、と言い、一通り、幻聴と話をして、それから、例えば、話しかけた支援者に、さっきの話、何?と言う方もあるそうですよ。


何かを1人で話してる方に、恐怖感を抱く方もあると思います。

テレビも余計な事を言いますし。


薬物依存症で、精神病院に通院をしていない方、薬物を止める気持ちの無い方は、別です。


元々人間が消化、利用出来ない薬物を、理由は知りませんが、摂取し続けている訳なので、脳が変性していきます。神経の伝達も狂います。


そうでは無い方が、ほとんどなのですが、なかなか理解されない事なのかもしれないですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック