bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



労働基準監督署
昨年の夏〜秋にかけて、変な職場に引っ掛かってしまいまして、かなり困った事がありました。


日記にも大分書きましたが、覚えておいでの方、いらっしゃるでしょうか。


本日、授業中にPHSが鳴りました。マナーモードですから、震えた訳です。ジーンズの前のポケットに入れていますから、メール着信ではなくて、どうも電話ではないかな?と思いつつ、昼休みに見てみると、固定電話からでした。

???

電話機に録音がありました。聞いてみると、昨年の秋頃に相談に行った、労働基準監督署の、担当して下さった、監督官の方からでした。

かけ直してみたら、他行されていて、夕方、又、電話を下さいました。


簡単に申しますと、私が相談した、労働者の権利を阻害しているのでは?と言う事柄は、監督官の方が調査したところ、その通りであった、と言うご報告でした。

署とつくお役所は、法的な権限を持っています。

警察署とか。
税務署とか。

労働基準監督署も、法的な効力を持っています。だから、滅多な事では、それほど大した事してくれません。


しかし、労働法、労働基準法に抵触、又は違反している経営者、会社等には、文書で改善命令を出す事が出来ます。


警察署で言えば、逮捕、勾留、起訴(これは、検察ですが)の権限がありますね。

労働基準監督署の文書による改善命令と言うのは、法的な拘束力があります。

嫌だ、と言えない。
改善しないと、多分、別のお役所に移行して、経営者等が、逮捕されたりするんじゃないかしら?


とはいえ。


経営者の心底や、心構えは、労働基準監督署が、法的な拘束力のある、文書による命令を出したから、といって、性根が入れ替わる訳ではありませんしね。


私は、既に、そちらの事業所とは、絶縁になっていますので、関わる事はありません。


経営者の方の、障害を持たれた方々への思いは、優しく深いものがあるのです。
その実現の為に、労働者から、まあ、言葉が見つからないのですが、搾取しちゃっていたのでしょう。


違反していた事柄ですか?

労働条件を明示した、雇用契約書を労働者に、文書で交付したことが、一度たりとも無い



就業規則がなく、風習の様なものはあるが、労働基準法上、不十分で、就業規則と認められない

加えて、風習の様なものも、明文化されておらず、更に、誰でもいつでも閲覧出来る状態に無い


ですね。


採用になっても、雇用契約書も無いし、就業規則も無い、と言う事業所さんでした。


今時、まさかあり得ない、と思われる方もおいでと思いますが、実話ですよ。


その事業所さんは、隣の自治体で、かなり影響力もあり、利用者さんも沢山おられる団体です。


職員さんの定着率は、勿論すこぶる悪い、と、当時の先輩は話しておられましたっけ。


数人良い先輩がおいででしたが、秋頃のお話の通りになっていたら、昨年来で、みなさん、退職予定、との事でした。


当たり前に働ける団体さんになって欲しいですが、私が今後関わる事はないと思います。


介護、福祉だから、じゃありません。その経営者の経営者としての、心得違い、と言うだけですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック