bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



十二代團十郎丈
歌舞伎座、何か棲んでいるんでしょうか?入れないのかな?

亡くなる年齢でない、跡取りさんが、まだまだお若い役者さんが、矢継ぎ早に他界されます。

学校に追われて、諸般多忙にて、今夜、團十郎丈の他界を知りました。

又、肺炎だそうですね。


仕事柄、肺炎を起こすには、訳があるのは解ります。基礎体力等が落ちている方は、肺炎を起こしやすく、生命に関わります。

勘三郎丈もそうでした。
私はまだ現実の事として、受け止められずにいます。


成田屋十八番は、海老蔵丈に継承されて行くのですが、荒事の家として、お若い海老蔵丈には、かなりの試練が待っているでしょう。

尾上菊五郎丈がご健在ですし、松本幸四郎丈、中村吉右衛門丈は、確か、團十郎丈の従兄弟さんだった気がします。

六代目の血を引いておられた筈だと思いますが、ちょっと失念。勘三郎丈も、六代目と縁深かった気がしますが。


成田屋十八番は、幾つも出て来ないのですが、勧進帳、助六、暫く、外郎売りなんかが、そうだったかな、くらいです。

暫くは、喧嘩を止めるだけ?の古典ですが、壮大なものだと思います。

勧進帳は、代表作でしょう。

海老蔵丈の私生活が、ゴタゴタ言われますが、役者は舞台が勝負です。

團十郎丈のご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック