bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



武士は相身互い
なんて、昔は言ったそうですが。

恩人ご夫妻の、旦那様が数年前から、更年期障害に起因する抑うつ状態で、苦しんでおられます。
家内は精神障害者ですし、私は内部障害者で、障害のある方の為の介護屋で、プロですから…
少しはお大変さが判ります。
私よりも、家内の方が、様子が判るようです。
家内は、ほとんど外には出られませんし、知らない方とどうこうと言うのは非常に後が大変なので、恩人ご夫妻は床屋さんでありまして、ご商売中にご挨拶 と言うのも変な物ですから、お目にかかった事はないんですよ。

でも、家内に、旦那様がこんなご様子だった等と話しますと、何となく見当がつくようです。

私も以前精神を病みましたし、先日はちょっと不消化を起こして、精神科の主治医に頓服を処方して頂いたりしましたが、とりあえず、元に収めました。お守りに今も頓服は持っていますが、余程体が疲れていて、どうにもならない時でもない限り、いや、そういう時でも、ほとんど飲まずに済んでいます。


学生時代から通っている床屋さんです。
学生時代は毎回、頭を刈りに行くたびに、夕食をご馳走になりました。
沢山の学生がお邪魔して、大みそかからお邪魔して、年越しで、年が明けて、初詣に連れて行っていただいたこともありました。

今ね、小さな恩返し?をしています。

私は月に2度は頭を刈ります。非常に短いんです。坊主頭ではないですよ。坊主頭だと、まあ、1週間もてば良い方で、そういう方は、自分で風呂場でバリカン(素人用)で刈っちゃったり、T字カミソリで剃る方もあります。
私は中途半端で、1センチくらいかな?もう少し短いかな?程度。
ひげもやっていただいていますので、自分ではやりません。
ごくごく短く数ミリ伸ばしています。
剃っちゃってもいいんじゃないの?程度です。
でも剃らないんですけど。
いまどき。

なので、カットに行くときは、何かおかずになるものを、簡単に作って、持参しています。
週末の我が家の食糧兼務です。
どちらかと言うと、持参するのが目的で、我が家の分は、ついでですが、家内もそのあたりは判ってくれるようで、結局は週末それを食べますので、文句も言わないでくれます。

仕事柄ですが、働いて、食事の支度を必ず毎日 と言う女性の方、結構大変だと思うんですよ。
特に、私の恩人にあたる方ですから、団塊の世代の方です。ご夫婦ともに。
と、私の親の世代とは違いますが、食事は家で、作って食べる のがいつも と言う習慣の方々と思うんです。

我が家は非常識過程なので、違いますけど。

買ったものなどは、余り食卓に乗せたくないだろうなとも思います。
勿論、たまにはデパートのお惣菜で美味しそうなものを買ってみる とか、何事なければ、たまにはなさると思いますけど、(大きな駅から歩いて数分のところにお住まいです。商店街ではなくて、住宅街。)駅に行けば、大きな百貨店や、駅ビルなどがあり、当地としてはかなり開けた場所にお住まいです。(我が家からは、電車を乗り継いで40分くらいかな)。

でも、普段は旦那様が主に床屋さんをしておられて、奥様は時に買い物に行かれたり、平日は、旦那様一人で仕事をされていることも多かったお宅ですから、旦那様が更年期障害の症状として、抑うつ的な状態を経験なさってから数年、時々数か月抑うつ状態が長引かれることがあります。

今がちょうどその時期で、(冬に悪化する方は珍しくありません。気候や気圧の関係です。冬鬱と言う言葉もあるくらい。)お仕事が出来ません。

必然的に奥様おひとりで、半分の量の仕事をこなし、家事も食事の支度も と言う事になります。
我が家の様に、夫婦ともに障害者、亭主の方は介護屋 となれば、出来る出来ないは別として、そうそうイライラもしませんが、一般のご家庭ではそれは無理と言うものです。

特に、仕事で疲労困憊していても、食事だけは作らねば!と言う状況で、食事の支度をされるのは非常にお辛い事だと思うのです。

なので、毎回、カットに行くときには、冷蔵庫にあるもので作った、ごくごくお惣菜的な物ですが、買ったものではなくて、作ったものを持参しています。
2種類くらいね。一回食べて、おしまい程度の量。
余り大量にあっても、困りますし。
お口に合わなかったら、処分して頂けばよいかな と考えていますが、食べて下さっているようです。

大したものを作る訳じゃないですよ。

本日持参したのは、乾物の大豆を水でもどして、トマトの缶詰で煮ただけのもの と、人参のラペ(千切りの人参のマリネ?みたいなものです。)。
前回は確か、筑前煮の様な物と、玉ねぎのマリネ(本当に玉ねぎに味付けして、しばらく置いただけの物)でした。

家内は好き嫌いなく何でも美味しそうに食べてくれますし、恩人ご夫妻も、好き嫌いのお話は聞いた事が無いので、つたない物でも召し上がってくださっているようです。


追われるんですよね。
じぶんがそういう状況になる事がよくありますから、判りますが、家内は寝たきりですから、必要な事は基本的には私が動かなければ解決しません。
学校がいろいろあったり、とにかく遠かったり(こんなに疲れると思わなかった私でした。もう若くないので、疲れ果てて当たり前。)で、さて、どうするか と言う様なときは良くあります。

家内が少々家の中が不出来でも、文句も言わずにいてくれるので、本当に助かります。
だから、夕飯の心配をしないですむ時間帯に(お昼くらいまでに)なるべく持参していく様にしています。

若いころ、それはそれは散々ご馳走になりましたし、カット代金うっかり踏み倒したりしたこともままありました。
青春時代の楽しかった思い出のお宅です。

そろそろ恩返しをしても良いですよね。


先日、高野フルーツパーラー(いや、お店はないですよ。ここは都会じゃありませんから。ケーキ店が少し離れた駅の駅ビルの中にあるのです。)で、家内も私も疲れ切っているよね と言う時に、昔々、何かで、どこかの大きな駅で食べた、高野フルーツパーラー(どこの駅だったかなぁ?バブルの頃ですから、今はもうないと思います。もともとどこのお店?大阪?東京?)で、(本店ではありません。地方の小さな店でした。)マスクメロンパフェなるものを食べて、(新卒と少しした頃かな)メロンとはこういうものか と仰天した事がありました。

それを思い出して、足を延ばしてみたら、ケーキ店ですが、マスクメロンの盛り合わせ の様な物があったのです。ケーキ店ですから、扱いはケーキみたいなのですが、ケーキではないです。どう考えても、マスクメロンを様々な形に切って、ゼリー(マスクメロンのゼリーみたいでした)で、少し形を整えた と言う商品が、1つ、700円で売られていまして、思わず買ったのであります。

家内に見せると、『高野なんてどこにあったの?高かったでしょう?』と申します。
勿論安くはないので、『1つ700円』と言うと、口を開けていました。
ささやかな夕食を食べて、デザートに食べてみると、ああ、昔食べたのと同じ味だなぁ と私は思い、家内は、しみじみと『美味しいね』と申しましたので、まずいものではない と確信して。

昨日が旦那様の誕生日でしたから、『先日こういう事で、二人で疲れてしまったので、美味しい物を食べようと思って、高かったけれど、買ってみたら、非常においしかったので』と今風に申し上げて、一緒において参りました。



私が精神疾患の状態だった時も、変わらず、カットをして下さったお店のご夫婦なんです。


で、あ、面白いな と思ったことがありました。

しばらく前に、入れ物が無くて(ジップロックの類で持参してます。今は便利ですね。)タッパーの様な入れ物で持参した事があったのですよ。
お互いに忘れて、返却して頂いていなかったのですが、本日、お互いに気づいて、持って帰ってきました。
で、奥様が、『洗ってあるけど、中に何も入っていないのよ』と仰る。

それを聞いて思い出したことがありました。

奥様も旦那様も、私とはご出身地が全然違います。
私の育った土地では、頂き物(おかずなどですね。)を頂くと、容器は洗わずにそのまま返す習慣がありました。
今はどうだろう?もう判らないけど。
で、『洗って返すと、もうもらえないっていうから、そのままです』の様な事を言って、返すんです。
本当に、煮物なら、煮物で、自分のうちのどんぶりに移しただけで、そのまま返します。

だって。

電車に乗って、とか、車に乗って、とか、で届けに来るわけじゃなくて、お隣さん同士やら、親戚同士(たいてい同じご町内にいます。今は知りませんが。)で、あげたりもらったりするわけで。大抵は歩いててくてく届けますからね。
子供が行くと、お駄賃にお菓子をくれたりはしました。それは届けに行った子供の役得です。お駄賃にお金 はないんだな。店もなかったし。(店にはバスに乗らないと行けない)
お互い様で、お礼の仕合っこみたいな事にならないように と言う、昔の人の知恵かな と今は思います。
下手に洗って、何か入れて返したりすると、(それが後日だったりして)『気取ってる』『よその人だから』なんて言われちゃいます。

その話をしたら、『面白いね』と。家内の育った地方でも、そういう習慣はなかったそうです。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック