bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



市川中車丈(香川照之さん)
昨年、前の市川猿之助丈、今の猿翁丈と、なにやら大人の事情が和解されたそうで、歌舞伎の世界に飛び込まれましたね。


確か昨年で46歳、と記憶しています。挑戦どころか、無茶苦茶な話、とも言えます。


歌舞伎は型の芸術です。芸術って、江戸時代のジャニーズみたいなもんですが、長く続いているだけに、皇室ではありませんが、男子の血筋の跡取りが、伝承を受けて、今日迄、続いています。


ある演目でも、屋号、つまり、家が違えば、型も微妙に違ったりする事もあります。

ある演目は、ある血筋の専売特許の様になっていて、他の血筋の方が演じたい時は、それなりの訳を伝えて、許可を取るしきたりです。

ですから、例えば、中村屋の誰かの追ぜん供養名目の公園のメインの出し物が、市川団十郎丈の血筋には、家の十八番、が、決まっていますから、それをやる、と言う訳には行かぬのです。


しきたりの世界であればこそ、良くも悪くも、芸が散らからずに、跡取りに伝承されてきた、と言うのは、事実だと思います。


要するに、市川団十郎丈の血筋でないと、暫くを気軽にやる訳にはいかない、と言うイメージでしょうか。

そんな中で。


物心ついた頃、三歳くらいかな?から、家柄の男の子は、遊びの中から、既に、歌舞伎役者になる、帝王学みたいなのが始まるんです。


香川照之さんは、諸事情により、猿之助丈=猿翁丈の跡取りとして、育つ事が出来ませんでした。


これね。
若い方は知らないと思いますが、50年近く前に、ラジオだったかなあ?子供向けの質問番組があったんですよ。

子供電話相談室、と言う番組で、私くらいから上の中年以上の方は聞いた事があると思います。

文字が変換出来ないので、半分平仮名で書きますが、人気の解答者の方がおられました。

無着せいきょうさん、と言います。


勘三郎丈が、生前、フジテレビの取材に応じた時に、無着さんの名言を引用されていました。

子供さんに、無着さんが解答したのを聞いて、覚えていて、座右の銘にしている、様な話でしたよ。

無着さんがある質問をした子供さんに、こう答えたとか。


曰く
あのね。型があるから、型破りって言うの。型がなかったら、形無しだぁ。

形無しって、それじゃ意味がない、とか、台無しとか、そんな感じですよね。最近、余り使われません。


歌舞伎も、伝統の型をしっかりやれる方が、斬新な事をやるから、型破りなんです。


香川照之さんには、型がありません。


NHKのドキュメンタリーで、市川猿之助と香川照之、みたいな題名で、市川中車襲名披露を追う様な番組をやっているのを、しばらく前に、たまたま見ました。
猿之助→猿翁
亀二郎→猿之助
香川照之→中車
香川照之さんの息子さん→團子(だんこ、と読む名跡だそうです)


一門一斉の襲名披露でした。


その中には、中車演じる、軽喜劇がありまして、比較的演じやすいものを猿翁が選んだ様子でした。

猿翁丈は病の為、身体も声も充分に使えません。襲名披露時は、題名は失念しましたが、豊臣秀吉と石川五衛門の話でした。


典型的な様式美の古典です。短い話ですよ。

幕が開くと、羅生門みたいな派手な門構えの上に、石川五衛門がいます。
門の下には、豊臣秀吉がいます。
互いに見得の張り合いをする様な話ですね。


石川五衛門と言いますと、『絶景かな、絶景かな』とか、『石川や 浜の真砂(まさごと読むそうです)は尽きるとも 世に盗人(むすびと)の 種は尽きまじ』とか、有名な台詞があります。

猿翁襲名の時は、石川五衛門役は、次の団十郎になる筈の、市川海老蔵丈でした。


襲名披露が終わって、ある公演の時、猿翁が秀吉、中車が抜擢で、石川五衛門と言う配役での興行があったそうです。


練習中、本番初日等をカメラが追っていましたが、最初の台詞は、石川五衛門の、『絶景かな、絶景かな』であります。


素人目に見ても、役柄に喰われておいででした。



様々な思いの46年だったでしょうし、俳優としての力量も素晴らしい香川照之さんですが、空白の時間を埋めるには、物凄いものが必要でしょう。

頭が下がりました。

息子さんは、幼稚園?小学生?の年齢ですから、将来は、父親を越えると思います。それも見据えての、中車襲名披露でありましょうね。


そうそう。

屋号はおもだかや、であります。ちと、変換機能では出ません。
ご贔屓筋から、おもだか屋!中車!と、盛んに声が掛かっておりました。


凄い俳優さんだと思います。香川照之さん。
市川中車にも、ご精進を祈ります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック