bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ワンピースさんの引っ越し続き
ワンピースさんは、今月末で、私の前の職場を退出されます。契約を解除されるのです。


伯母様が保護者ですが、伯母様と、リーダーの世話人さんの相性が悪く、積もり積もって、伯母様が爆発してしまわれました。


家内を見ていて判りますが、精神疾患、精神障害のある方は、ある事に呪縛されてしまうと、それしか見えなくなってしまいます。


誰も悪くありません。


悪くないのですが、事実、支援事業所が無くなってしまい、他自治体に引っ越しされてしまいますと、頼る先が無くなってしまいます。


まず、駆け込み寺が絶対必要です。

何もかも、私が出来る訳ではありませんが、駆け込み寺の目安をつけて、そこから、必要な事を、別の事業所を紹介して貰う等で、使い分けて頂けば良いのです。


たまたまボランティアに行っていた、全身性障害のある生徒さん、迄の方の、制度外の放課後活動の場所で、あるヘルパーさんに出会いました。

私が失業しているのを知って、うちに来ませんか?と、名刺を下さったのです。
その方の事業所が、ワンピースさんの実家のある自治体にありました。


私も介護屋稼業短い訳ではないので、支援者の方の力量くらいは、判ります。この方のおいでの事業所さんなら、と思いました。


金曜日に連絡をしたら、たまたまその方が電話に出られたので、色々説明して。

その時はまだ、今月末で契約を解除!とは知りませんでしたから、数ヶ月、年度末迄に、目鼻が付けば、と考えていました。


慌てたのが土曜日です。
他のお母さんと連絡を取りましたら、支援事業所も無いまま、今月末で、とにかく契約解除!で、伯母様が凝り固まっておいででした。


大慌てで、再度、その方のおいでの事業所さんに連絡を取り、他のお母さん方で、同行して下さる方が無いか、探して、本日は、とにかく資料を作りました。


幸い、のんびりさんのお母さんが、ご予定ある中、押して来て下さる事になりまして。


ワンピースさんの資料、実家のある自治体での、新年度からの、ワンピースさんの日中生活の場所の目安等をつけて、プリントして、分けて、20時に、事業所さんの方と、待ち合わせをしました。


来られてビックリ!
2つの事業所があり、責任者の方があるのですが、皆さん、どう見ても20代。30歳になられた方もあるのかな?と言う感じでした。


新しい考え方の支援者さん達が皆さんで立ち上げたのかな、と言う印象でした。

福祉の常識を逸脱して、株式会社です。営利法人です。福祉で儲けてはいけない決まりはありません。

想像ですが、経済的基盤を確保しないと、良い支援は出来ない、と言う事かな、と感じました。


ワンピースさんの家庭事情は、かなり複雑です。


保護者の方が。伯母様です。お母様は他界されていて、お母様のお姉様です。


伯母様、実のお姉さん、ワンピースさん、で、現在生活されています。


伯母様は、精神疾患か、精神障害がある、と思います。でないと、この騒動の説明が付きません。


ワンピースさんを実質的に育てたのは、お母さん、伯母様の、お父さん、お母さんです。


今は高齢になられ、介護か、通院に、常に伯母様が動かないといけない状態にあります。

家は別々ですが。


伯母様と、ワンピースさんのお姉さん達は、伯母と姪の関係ですから、親子とは又、何かが違うでしょう。

ワンピースさんは自閉症ですから、感性がとても鋭いです。伯母様と、リーダーの世話人さんとの確執を、敏感に感じてしまいます。

結果、ワンピースさん本人も、ホームの話が出ると、パニック的な状態になり、ホームに行けない状態になっているそうです。


ワンピースさんがそうなっているのは、実は、今夜初めて知りました。


まだあるんです。


自治体が変わる、と言う事は、認定調査をやり直さないといけないんです。


ワンピースさんは、お母さんがご存命の頃から、お母さんと二人世帯で、生活保護を受給していました。

その世帯から、お母様が他界され、本人さん一人世帯になり、ケアホームに住所を移したので、生活保護は何事なく、継続されました。自治体も同じでしたので。


今度は、伯母様と、実のお姉さんがいる住所に引っ越しです。お姉さんは世帯分離してると思います。伯母と姪ですし。


問題は伯母様でして、知りませんが、生活保護受給か、障害年金受給でないと、辻褄が合わないのです。


二人の人が居て、世帯が2つ。そこにワンピースさんが入って、世帯が3つで、単独で生活保護受給、は無理です。


伯母様につけるか、お姉さんにつけるか。


伯母様につけるしか無いでしょう。二人になれば、二人分出ますけれど、別々に受給していた時の総額よりは、少なくなります。生活が立ち行かなくなる事が懸念されます。




若い事業所の方々、実に良く色々気付いて下さいましたが、さて?


支援を受けていない、精神障害をお持ちの方は、理解を受けられなくて、又、病故に爆発してしまいます。

まずは駆け込み寺は作れそうです。のんびりさんと、コーヒーさんのお母さん達が説得してくれますから、どうにかなるでしょう。


ワンピースさんの、新年度からの、日中生活先も、とにかく決めてしまわないと、なし崩しに、ワンピースさんが自宅で遊んでしまう事になります。


最初は行けなくても良いので、契約だけはしてしまわないと、ご家族皆さんが困ります。


生活保護も住民票移すと同時に、生活保護のワーカーさんが自治体に居ますから、相談して、継続出来る様にした方が、後々新規で、ごちゃごちゃやるより、スムーズです。


支援事業所も複数と契約して、使い分けを出来る様にした方が、伯母様が混乱した時に、又、契約をばっさり解除、になりにくいです。




とまあ、そんな話を、のんびりさんのお母さんと、事業所のトップの方三名さんとしてきました。


うまくいくと良いのだけれどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック