bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ワンピースさんの退会
既に職員ではありませんが、前の長く勤めた事業所の、ケアホームの利用者さんとのご縁は切っておりません。

主には、ご家族、お母さん方ですね。


書くと長いので、もう朝ですし、かいつまんで書きます。

ワンピースさんは、今月末で、前の長く勤めた事業所と、絶縁するそうです。


世話人のトップの方は、私の後輩で、昨年所帯を持って、お子さんも授かったようですが、まだ30歳になっていないと思います。


ワンピースさんの家庭は複雑でして、実の親御さんは居ません。

いや、物理的には居ますけれど、お母さんは他界されました。それをきっかけに、ケアホームに入居されたのです。


お父さんは判りません。私達事業所の職員は、理事長さんも含めて、知りません。


生きてはおいでの様な気がしますけれど。


ワンピースさんの実家で、面倒を見ているのは、ご本人の伯母様です。お母さんのお姉さんです。


他に、本人さんの実姉さんが1人。週末は三人暮らし。ごく近所に、本人さんのお母さん、伯母様の、ご両親が住まいしています。



お母さんは精神障害がおありだった由。精神障害で亡くなる方はありませんから、身体にもご病気があったのだろうと思います。

自死ではありませんよ!
これはある事から判っているそうです。



で、伯母様も、多分、精神障害がおありです。家内程重くはありませんが、難しい局面になると、些細なある1つの事しか見えなくなってしまい、お辛い事もある様子でした。


私は現場の支援者としては、年配と言うか、高齢と言うか。
年を喰っている分、色々な経験もしてるんでしょう。さじ加減がうまく出来ていたかは、判りませんが、ある程度、風通しはしていた自覚がまあ、あります。


若い人は、そういう機微は知らないでしょう。
ちょっと、利用者さんがどこかにぶつけて、傷を作った。
傷の具合にもよりますし、いつ気づいたかにもよります。必ず、親御さんにすぐ電話をするかどうかは、私も判断しましたよ。


若い方は、自分が健康ですし、その傷で、手足が壊死したり、生命に別状あったりする訳ではないので。

検証したり、どこでぶつけたか考えたり、ご家族に知らせたり、と言う感性がなかったりするのですね。


私も苛々した事が良くありましたが、メール等で、連絡をしますと。返事が無いのが、判った、と言う事でした。


途中から、私の方が身分が下になりましたから、連絡をする時は、こちらが敬語ですよね。

で、返事は来ません。伝わったのか、承知したのか、文句があるのか、判らないんです。


年代、世代の差って仕方無いですからね。ちなみに私の方が20年弱年上、経験は二倍あります。



たまにお返事が来る時は、了解 と一言が多かったです。目上に了解なんて、使う言葉じゃありませんが、そういう見地はない様でした。


ワンピースさんの伯母様は、家内より少し年上のようですから、私より10歳くらい上かな?


他の利用者さんの親御さんは、更に上で、私の親と同年輩です。


可愛がって頂きました。だから、今も交流があるんです。


精神障害がおありの様子の伯母様が、価値観の通じない若い職員さんがトップのケアホームで、色々ストレス溜めていた様子で、昨年末から、ややギクシャクしていたのが、松が取れて、火山噴火の様に爆発なさり、事業所と、特に若い職員さんが憎しみの根源になっちゃったみたいなんです。

長年住んでくれている、コーヒーさん、のんびりさんには、親御さんがいますから、大慌てで、情報交換して、実家に書類上戻った後の生活の基盤や、駆け込み先を確保しなくちゃなりません。

伯母様ご本人は、今は狂乱的な感じなので、タンクは空で、憎さの気力だけで、行動されています。ベテランのお母さん二人と、私で多少道筋くらいはつけるのが、人の縁と言うものじゃないかなあ?



平日は学校なので、私は身動き出来ないから、困った!




そうそう。

了解、ですがね。
家内が妙な表現をしますよ。うちは姉さん女房ですから、かなり年上です。


ちょっと余所行きな会話等の時に。特には電話です。
はい、了解致しました
又は
はい、了解しました

と表現します。


おかしいよ、と指摘しましたら。

本来はおかしいが、ビジネスの場所では、いわゆる共通語 との事ですね。メールの返事も同じだそうな。

私は。

かしこまりました ご指示の通り致します

とか

承知致しました

くだけてきて。

承知しました


ですね。



なので、世代が違うと言うだけでは、片付けられないのが、いわゆる人間関係。


しかし、年末にやや不信感を募らせた方が、成人の日が来ないうちに、縁切りなさるとは、その前が山ほどあるからですよね。どちらの言い分がどうか、は無視しても。



なかなか難しい話で、何とか新年度迄に目鼻がつくように祈ります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック