bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



もし、自閉症、発達障害の可能性と診断されたら
と言う、広告に少し前に気づき、つい別のページをめくってしまって、読めずにいました。

やっとこんな時間に、あるページを閲覧していたら、トップにある事に気づいてみてみました。


http://yotsuyagakuin-ryoiku.com/?banner_id=gr16


これは、自分が置かれた立場によって、受け取り方が全然違う代物だと思いました。
私が接する利用者の方々は、知的障害併発の方々です。
この広告がターゲットにしているお子さん達は、知的障害のない自閉症スペクトラム(私たち、障害のある方の為の介護屋が日々接する自閉症を持たれた方々は、本来の意味での自閉症 と言えるかな と思います。スペクトラムとつけると、自閉症的な傾向や、感性を持たれた方全体をさすことが多いようです。)の方や、高機能自閉症等と呼ばれますが、アスペルガー症候群の方などと考えられます。

学習塾の広告でして、知的障害のない発達障害系統の方々が、学校の勉強に集中できて、良い学校に進学し、良い成績で社会に出る と言う様な事を想定しているようです。

勿論、学習障害的な要素を持たれたお子さん(大人の方も)は、障害がある と言えますから、(精神障害とは言いませんが、神経伝達経路の障害でしょうか。障害=症状固定=治癒はしません。)その特性に合わせた教育などは、必ず必要です。

ここ、大切です。


が、知的障害を伴う自閉症、発達障害は、本態的に、知的障害を伴わない発達障害の方と違います。

広告の文章を読みますと、知的障害を伴う方も含んで、何か役に立つことが書かれているのかな と印象を受けました。
開いてみたら、学習塾の広告で、知的障害は伴っていない方 に、塾に来てもらいたい為の広告だったんです。(書籍や、論文の告知かと思ったので)


これね。賛否も何もありませんが、知的障害を伴う自閉症の方が、早く発見されていますので、ある意味では、自閉症と言えば、知的障害を伴うと考える人も多くいるんです。
私等も、まずは知的障害を伴う自閉症などの事を考えます。

広告の内容を読んだら、言いたいことは判りましたけれど。

知的障害を伴う自閉症の可能性 と診断されたお子さんをお持ちの方が、この広告をクリックしたら、悲しいでしょうね。
伴わない自閉症のお子さんがおいでの親御さんが見たら、喜びにつながると思います。


そして、最近流行の、『障害』と書かない と言う理屈が書いてあります。
『障がい』『障碍』等と書くことが流行っていますね。
害 と言う文字が、当事者の方に対するマイナスのイメージを与える と言われます。

これが私は大嫌いで。

害されている方はどなたでしょう?
何かを阻害されて、困っている人が『障害者』であって、『誰かに対して害を与える人』が障害者ではありません。

私は介護屋ですが、障がい者、障碍者とは書きません。
読めば同じ音で、『しょうがいしゃ』でしょう?
知的障害を持たれた方、ご本人はその文字の意味が判る方は少ないです。
そもそも読めない、言葉が自分をさしていることが分からない方 も多くいます。

障害者は、知的障害者の方だけではありませんから、色々な方の色々な思いがありますし、その方が信じるところで良いのだと思います。
健常者が、差別していると言われたくないための予防線として、文字をこねくり回しているような気がしてならないのです。
で、実は、障害者に対して、色々差別的な思いを持っている人 と言うのもありますし。


私も、妻も、自らの事は、ごく普通の言葉として、『障害者です』と思って居ます。

妻が阻害されているのは、脳内の神経の伝達物質の的確な流れ です。
私が阻害されているのは、心臓の機能で、阻害の為に、人工パーツを使っているので、日常生活に支障があります。

妻も、神経の伝達の流れが阻害されているために、日常生活と言うよりも、家庭内生活が阻害されています。


だから、障害者で良い と思うんですけどね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック