bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



イライラ苛々
あんまりしないのですがね。話が違う、規則と違う、話が飛躍して、規則の根幹と違う、なのに、あたかも、それが規則かの様に騙す、の類い、大嫌いなんです。


職安の求職者支援講座を、職安から受注した、ある会社が、外注先に、丸投げで、講座をやらせています。


これは別に構いません。公共事業だからね。


受注した会社には、メリットがあるから受注してるのでしょう。税金からの受講料なんて、きっと安い。


成績も欲しいでしょう。
職安の力量ではなく、講座屋さんが受講生の内定を決めた、としたい筈です。


これもある程度は仕方無いですね。受注した業者はボランティアやってる訳じゃありません。名誉、成績、を上げて、ずっと求職者支援講座を受注し続けたいでしょう。


これも仕方無いですね。


ここからが許せない。


求職者支援法に規定されていない、業者独自のサービスやらなんやらを。


ここ迄はまだ許せるけど。

あたかも、求職者支援法に規定された訓練過程としか思えないアナウンスで、強制します。


これはいただけないです。

求職者支援法上、職安が求職者に指導している事と、全く違う指導も行われています。


それは成績、実績作りです。
講座名にも看板に偽りがありました。私が必要としたものとは、かけ離れていました。

見学会に言っても、質問しても判らなかった私が迂闊なのかも。


本日は、辻褄の合わない最たる事が行われます。


筋の通らぬ事が許せない私は、今から苛々イライラしています。


余りに儲けたいのが丸出しで、見苦しいんです。入ってみないと判らないですからね。見苦しいかどうか。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック