bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



排水溝の話
昨年の暮れに書けば良かったですね。

簡素なお住まいでも、水道は引くと思います。田舎暮らしをされて、敢えて水道、ガス、電気、電話等を引かない方もありますから、一概には言えませんね。

水は液体ですから、飲み干すのでない限りは、どこかに流さないと始末が付きません。

で、排水溝がある訳だろうと思います。


大掃除の頃、時々、大掃除ワードで来られる方があります。ダスキンのページ等参考になりそうですね。


介護屋は色々な職種がありますが、私は強いて言えば、居宅系統の仕事でしょう。施設はやりませんから。

施設でも、余りに汚れていて、見かねて始末した事もありました。遠い昔の事です。


家事全般やりますが、ホームにいた頃、ワックスは若い役職さんが上手でしたね。何でも出来る訳じゃないですが、水回りが汚いの、嫌なんですよ。


で、我が家の排水溝色々は、元気なら週一度?大抵半月に一度、サボり過ぎ!が1ヶ月くらいで、ごく簡単に済ませます。

ガス台も、汚れているのが嫌で、ホームでは勤務の度に、全部外して洗って、回りに飛び散った汚れも始末してました。



排水溝って、面倒くさそうですが、汚れを溜めなければ、至極単純です。

上からどんどん外しますよね?2〜多くても3個でしょう。流し台でしたら、丸いわっかを外して、中のかごを引き上げて、その下に、大抵逆流と、匂いが上がってくるのを防ぐ為に、逆さまの茶碗の様な部品がはめてありますから、それを回して外します。

全部洗って、中も手が届く範囲で洗って、出来れば、市販のパイプ剤等を放り込み、一晩くらいして、勢い良く流すと、楽です。


汚れが溜まってヘドロの様になりますと、触りたくないですよね?


排水溝に使われている部品類は、大抵は樹脂です。流し台の中に入っている、かごは、最近、ステンレスが多くなりました。樹脂だと、汚れが染み付くのと、気色悪いから、です。


排水口に設置する、塩素系統の固形物の汚れを防ぐもの、が良くありますが、常時設置なさる場合は、かごが樹脂のお宅にだけ、お勧めします。

ステンレスは鉄にステンレス鋼をつけたもの、らしいですが、かなり酸には強いです。

強いのですが、長年、常時、酸に触れていると、ステンレス鋼がやられて、鉄が剥き出しになり、錆びます。

常時、設置されたい方は、かごを樹脂になさるか、錆びが出てきたら、かごを買い替えるかされては?と思います。

我が家は頻繁に掃除するので、かご部分に触れる形で塩素系統の固形物は使いません。


流れてしまう液体は使いますよ。配水管が汚れで動脈硬化を起こしますので、小さな抵抗です。


本管に繋がる、自宅部分の配水管の中は、これは水道屋さんじゃないと無理ですが、家庭用でも、しないよりはまし、と聞きます。

誰に聞くか?何かでお願いをした、設備屋さん等に聞きます。


流し台だけでなく、洗面台、風呂場の排水口、洗濯機の洗濯パンの下の排水溝なんかも、理屈は同じです。

洗面台が一番簡単ですね。今は、ポップアップする、棒状のものが刺さっていますよね?
流れが悪い時は、まず引き上げてみて下さい。
棒の途中にごみうけの網状の部分があります。十円玉くらい?もう少し大きいかも。

そこら辺りに、汚れと髪の毛が絡まっていると、流れません。除去されて下さいな。


その又下は、U字トラップ等と言いますが、くるりと一回転させてあります。


高価な宝石を落としたら、水を流さず、設備屋さんを呼ぶと、そこ、工具で開けられるので、救出してくれます。コンタクトレンズとかね。


そこは常時、水が溜まっていて、下の配水管からの異臭が上がって来ない仕組みになっているんです。


そこの水が溜まっている部分に、塩素系統の固形物の薬剤をしばらく浸けておきたいです。

今は、塩素系統の固形物市販されています。洗面台に刺さっている棒みたいな部分を、キャッチャー等とも呼びますが、その設置の為に、配管の中、空洞ではありません。大きな固形物の塩素は、途中で引っ掛かってしまいますので。


わざわざ小粒に固めたのも、市販されていますが、私は汎用タイプを砕きます。吸い込まないでください。マスクをされて、しばらく呼吸は我慢!


飛び散らない様にご注意下さい。で、放り込み、U字辺りに届くくらい、水を少し流します。

U字より上もありますから、私は同じ塩素系統の液体の薬剤を流しちゃいますが、説明がきには、他の薬剤と同時に使ってはダメ!と書いてあります。

なので、自己判断されて下さいませ。

絶対ダメ!は、酸素系統と塩素系統!
必ず容器に書いてあります。有毒なガスが発生しますから!


洗濯用の漂白剤には、酸素系統が多いので、くれぐれも事故のない様にされて下さい。


良く、トイレ用、排水口用、キッチン用、洗面台用等と、用途を分けた洗剤が売っていますが。


ボトルの使い勝手等の区別が多いです。逆に言えば、酸素系統、塩素系統を間違えなければ、使いやすいもの、一種類で足ります。

ああ!酸、酢酸等の酸で溶かすタイプも、他のと一緒に使わないで下さい〜!


商品名でごめんなさい、ですが、手洗い用に使われる、サンポール、あれは酸で表面の汚れを溶かします。
配管部分に、塩素系統使いたくなりますが、一緒は絶対ダメです。硫酸ガスが発生してしまいます。


流し台用に最近出ている、リンクル?でしたっけ?北斗晶さんがコマーシャルしてる、スプレータイプの。
あれを使う方は、流し台の見える部分は、スプレーできれいに掃除されて、全部流して、半日くらいは経ってから、配管掃除に、塩素系統の液体洗剤か、固形物をお使い下さいね。



洗濯機の洗濯パン。

理屈は同じです。
大抵、丸い蓋の様なものが、洗濯パンに捩じ込みで、設置してあります。


排水ホースが連結してある場合は、外して下さい。我が家は連結されていなくて、フロート設置なので、洗濯パンの上を直接排水が流れます。厄介です。洗濯パンの排水口位置と、洗濯機の排水ホースの位置が逆なんです。

設備屋さんに、ホースを延長して、と頼めば良かったのかもしれないのですが、設備屋さん、フロートと言う、一時、そこに排水が溜まって、勢い良く飛び散らない様な部分をつけたんですよね。

私が気づいたのが遅かったんです。


まあともかくも、蓋を回して外します。長年掃除をしていないと、ヘドロ状態になってます。我が家はフロートですから、1年しないうちに、エライ事になりました。

捩じ込みを回して外すと、筒の様な、竹輪?の様な部品が一緒に外れます。最後に元に戻す時は、蓋の下に、竹輪みたいな形の筒を設置して、一緒に回して、捩じ込みします。じゃないと設置出来ません。

ちなみに大抵は、素直な筒の形の方が上、足が映えたり、裾上がりになっている方が下が多いです。

それらを外すと、取っ手のないカップみたいな形のトラップがありますね。


そこまで外して、ヘドロ回収をして、すぐ洗濯しないで、入る部分に、適当、私は固形物の塩素を入れますが、液体タイプでも構わないと思いますので、配管の動脈硬化に多少抵抗しておいては、いかがでしょう?

洗濯機を洗う洗剤ありますよね?お勧めします。面倒ですが、しばらく回したら、止めてみて下さい。

可能なら一晩。せめて二時間。それから再開。一時停止でも、切っても。切ったら、排水しない様に再開して下さいね。



そのあとに、洗濯パンの排水口を掃除すると。


ご想像にお任せします。


液体と、数は少ないのですが、粉末タイプがあります。液体はカビキラータイプ、粉末は、私が見つけた汎用品は、アリエールのです。お好みで。私は断然粉末なのですが、余りどこでもある訳でない様子で、離れた店でないと買えない為に、液体で済ませる事もあります。


ドラムの中は素人では分解出来ませんので、排水口を掃除してみて、時々驚いています。



これらは、鷹山の自己流です!薬剤や、固く締まってしまった排水口部品での怪我等には、充分ご注意下さいませ。


出血リスクの高い私、手首外側を擦ってしまい、後始末が厄介な時があります。


ご参考になりましたら、幸いに存じます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック