bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



医療事務 素朴な疑問
学校の運営姿勢は、非常に見苦しいのは、勿論、そのままですよ。


受講生の皆さん、我慢強いです。

私は一番近いチャンスに、管轄の職安に行く時に、更に訴えますけど。



それはともかくも。


私たちのクラスは、社会人経験豊富な方々が多いのです。


講師さんは、その学校の上層部のやっている、認定試験にまずは合格させるのが、仕事ですよね。


あり得ない様な問題もありますが、試験対策、基本として考えて下さいね、と、最初に言われているのですが。


実際に医療機関を利用している人で、患者として詳しい人もあります。


省令に細則が書いてあるのを発見もされます。



とうとう、講師さんが。


このクラス、深読み多い〜!実務じゃないです!試験対策の机の上の勉強ですから!



でも、皆さん、細かい細かい事が気になる、気になる。


私も、あらら?と思っている事があるんです。


医療事務は、まあ請求事務として、健保組合なんかへの請求書を、月末に作りますよね?


でも、私たちが普段医者に行った時は、窓口で、自己負担分を支払っています。
その場ですぐ計算が出て来ます。



請求事務と連動している筈だろう、と思いますが、自己負担分の分野は、誰が、どんな立場とスキルでやっているんでしょうね?


同様に、調剤薬局での調剤に慣れていますから、そちらはどうなっているのかな、とも思います。


職安系統で、と、それなりに考えて、今の講座にしましたが、中が判ってくると、実は少し失敗しました。


医療事務をしたい訳ではないんです。自立支援法の請求事務が出来る様になりたいんです。


行政への請求
利用者さんに、自己負担分の請求


これの元々は、医療事務からの派生ですが。


理屈は、入力ソフトが知っています。簡単な理屈は知らないと困りますが、パソコンでの入力がどんどん出来る様になれる講座、を受講したかったんです。


講座名に、パソコン医療事務+介護報酬計算、とあって、認定試験がある、は、今のところだけでした。


日の丸から降りてきた、自前の業界資格ですから、普通は合格しますよね。



パソコンも、介護報酬計算も、ごく僅かで、私が求めていた学習ではありませんでした。


しくじりましたね。

業界資格は沢山あるんです。金で買えるに近いので、認定試験やろうかなあ?とも思いますが、自立支援を打つのには、全く関係ない様な気がします。


カルテの上書き
レセプトの上書き


と言う部分が、書類上あるのですがね。そこが書ければ、受付は出来ます。クラークとか、言う事がありますが、要するに雑用。


若い頃、近所の内科で、事務のアルバイトをした事がありますから、受付レベルなら、少し練習したら、思い出すかなあ、と思います。


ニーズの違いですから、仕方無いのですが、かなり残念です。


学習自体は興味深いのですが、私、医療事務の事務員さんにはならぬので。


認定試験はどうしようかなあ?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック