bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



商売も大変だ
職安学校に行ってるでしょ?

話が見えてきました。

学校は入札で指定を取っているんでしょう。やってるのは下請け業者。ここ迄は見当がつく事です。子供じゃありませんからね。


医療事務は業界資格だけど、業界資格が幾つもあるのは知りませんでした。5つくらいあるのかな?

で、学校本体は、その業界資格の1つをやってる財団か何かの下請け。

傘下に、医療事務の派遣会社があって。

職安の法令?に当てはまらない時間に、受講生を残らせる?かして、派遣会社に登録させたい訳ですね。

で、派遣社員で出す時に便利な様に、色々職安とは話が違う事をしとる訳でありました。


良くある話だから、構わないけど、いかにも露骨で、見苦しいなあ。


講師さんは、マニュアルを黒板に書き写しているだけなのが、私の席からは、良く見えます(^-^)v

選び損なったけど、勉強は勉強で頑張りますです。


が。


求職者支援法に基づく、職業訓練は、一応、即戦力を育てて、仕事に就ける様に、と言う事ですね。


今時、授業では、公費負担を一切やらないそうです。世間には、保険証だけ、の健康な勤労者の方々は沢山おいでですが。


同じくらい、弱者もいます。障害の仕事をしていると、公費が打てないと、話になりません。


自分の医療証、どこに何の番号が入るかくらいは、私でも判ります。


乳幼児の保険証は2割負担
小学校に入ると、大人と同じで3割です。


それだけで、子供さんの医療費の一部負担金が楽々出せる家庭は無いから、公費負担=医療証が、地方自治体ごとに、又は国で、色々ある訳であります。


驚いた事に、生活保護の方々の為の医療扶助、医療機関側からすれば、医療券も無視でした。


失敗しましたね〜。


コンピューターに普通は医療事務ソフトが入っていますから。


手書きで、何も公費負担のないカルテを、電卓で一々やるなら、ざっくりで良いから、実務で今、必要とされている事をやって欲しかったので。


私は医療事務はやりません。自立支援法の請求事務に応用したかったんです。自立支援法は、届け出、認可等により、減免の嵐ですから、公費の仕組みが知りたかったのでした。


講師の方はマニュアル通りに、黒板に書き、ラインマーカーを引かせ、認定試験では、それらのあんちょこは、全て持ち込み出来る、なんですよ。


マニュアル講師とは思わなかったので、かなり失望しています。そんな学校にも、私の受講料は、職安から支払われるのです。


その支払いの原資は、要するに、私たちの税金です。


職業訓練がこんなに乱れているとは思わなくて。
考えたら、公共事業ですものね。蟻が群がる事であります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック