bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



医療報酬点数表
講座の教材で買いました。
何となく眺めてみて、ふと気つきまして。


良く使う項目は、指定の大きさのインデックスで、色違いのものを貼付する様に、講師に指示されたのです。


何が良く使うのかな、と、指示表を見てみました。成る程ね。確かに一般患者さんには、良く使いそうです。


私や妻や、その他、仕事上の利用者さんが良くお医者さんでお世話になる項目が見当たらないので、探してみると。


滅多に使わない項目に、幾つかまとめて、掲載がありました。まだ勉強は始まっていないので、内容は良くは判りませんが。


公費負担、精神科療法、理学療法、手術、慢性疾患管理料、検査、等など。


他にもあります。


私たち、と、くくりますが、障害者は、重度と認定されている人は、公費負担があります。医療証と言うのがありまして、本来の保険証に+する事で、国や、都道府県、自治体等が、患者負担分のうちの、いくばくかを負担してくれます。


その分は、レセプトでは、自治体や、都道府県、国に請求するのでしょう。


医療証も色々あります。請求先もきっと違うんだろうなあ。


私の医療証は、○障医療証、と、俗に呼ばれていて、重度の障害者に交付されるものです。


知的障害者の方でも、中度、軽度の方には、医療証は出ません。私は身体障害者ですが、人様の半分くらいは働けますから、まあまあ生活出来ますが、中度、軽度の障害者の方は、就労が難しい方もありまして、生活に支援が必要な方もあります。

そういう方も3割負担なんですよね。


色々あります。


妻も寝た切りですが、法律上は中度なので、医療証はありません。
その代わり、精神科通院公費負担制度を利用しています。1割負担ですね。精神科だけ。
この12月末迄は、国保医療証が効くので、精神科だけは無料ですが、他は全部3割ですね。



とかなんとか、たかが保険証ですが、色々な制度があるんですよね。


難病の医療証もありますし、年齢や家族構成による医療証もあります。


公費負担のページ数は、ほんのちょっぴり。実務では結構使う様な気がするけど。




全然関係ないですが、今、飲食店に居ます。郊外型の気楽な店です。


ご近所に、精神障害者の方の為の、共同ホーム、と言う種類のグループホームの様なところがあるのです。

近所なので、ホームのご友人同士、叉は、お1人で、お喋りや、息抜きに来られている事があります。


隣の席のグループの方が、精神障害者の方の為の、共同ホームの方々の様です。

この店には、良くホームの方々が来ます。


精神障害者の方の為の、共同ホームは、自立支援法に定められていますが、まだまだ制度が整わず、利用者さんも、支援者さんも、大変な様子です。


妻も、精神障害者ですが、私が何か不具合があって、自宅では暮らせない、となりますと、ショートステイが出来るシステムは、現在、私たちが住まいするところでは、実質的に稼働していませんから。


精神病院に入院しかないでしょう。


と、急性期な訳ではないので、報酬点数計算が面倒そうですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック