bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



妻が外で倒れたそうです
昼間と言うか、午前中。

折しも、選挙ですね。
投票日は混雑しますし、自宅から遠いので。

支援事業所のサービス提供責任者の方が、11日は、フリータイムの枠で、自費で来て下さる日でありまして、期日前投票に、家内を連れて行って頂く予定になっていました。

日曜日に、厄介があったばかりで、落ち着いていませんから、バス停にしたら、1区間ですが、バスで行く様に、本人には伝えたのですけれど。


何を思ったか、往復歩いた様子です。


当然、あと僅かで我が家、と言う場所で、意識喪失したそうで、ヘルパー事業所のサービス提供責任者の方が、1人では担げないので、現場には出ないお立場の、理事長さんを呼んで下さり、理事長さんは駆け付けて下さって、お二人で、家内を自宅のベッドに寝かせて下さったそうです。


本人が私に告げたので、書類をみると、確かにそう記録してあります。


こんなに身体も頭も混乱しているのに、何故、歩いた?


歩く必要がない場所ですからね。目の前にバス停があり、我が家の目の前にも、バス停があります。

1区間ですが、均一料金で、片道100円。事業所の方の分も当方の負担ですが、総額400円。


バスは15分に一本は必ず来ます。家内がのそのそ歩いたら、片道20分では無理。バスの方が早いんです。


理由を聞いても仕方無いので、聞いていませんが、判断を誤ったのでしょう。家内本人が。


まあ、本人の失敗、申し訳ないですが、こればかりは、仕方無いです。


理事長さんの介助代金も、請求して下さる様に、お詫びメールの最後に書きました。


ヘルパーさんが判断を誤った訳ではないですから、責任者は私でございます。




なんで、歩けないの判ってて、歩いたのかなあ〜?バスを待つのが面倒だったのかも知れませんね。


しばらく寝込んで貰いましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック