bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



手話サークル
つい最近、手話を始めました。各種イベントに、初心者講座に、講師で出ている様な方々がメンバーで、何も知らないのは、家内と私だけ、です。

初心者講座の卒業生の方々もおいでになります。


家内は、昨日のバタバタがやっと影響が出てきて、寝込んでいますから、私1人で、今夜は参加。


市内の障害者イベントに、土曜日、別の団体さんの付き添いで行きまして、手話サークルのベテランの方々が、通訳をしておいででした。

市内の障害者イベント等に、顔を出すと、回り中、知り合い、関係者だらけでありまして、地域の障害者の方々の、活動範囲は広いのか、狭いのか、良く判らなくなります。


障害者イベントだと、顔見知りばかり、と言う事は、多分、狭いんでしょうね。

いつも参加しない利用者さん、支援者各位もありますから。


又、団体の癖もあります。

ずぶの素人は、手話サークルでは、家内は調子の良い時しか行きませんから、私より半月くらい遅く加入された方と、私くらいです。

見事に判りません。


障害者と言っても、実に千差万別ですよね?


私は、知的障害者の方への仕事をしますが、車椅子やら、全身性障害者の人の事も、少しは判ります。


精神障害者の方の事は、仕事にした事はありませんが、まあまあ判ります。多少は対応出来ます。



苦労比べをしても意味がありませんが、一見似たような障害者の差について、ぼんやり考える事はありまして。


聾の方と、盲の方、どちらが大変か、と言う、答えのない話がありますよね。


どちらもどちらで、中途障害者の方は別にしまして、生まれつきの方は。

見える事、聞こえる事、を体験出来ませんからね。

コミュニケーションツールを、どう獲得なさるか、でしょう。
で、真実は知りませんが、緊急時等に不利なのは、聾の方、と聞く事が良くあります。


盲の方は、音で情報がすぐ入る、外見上、行動上、盲だと言う事が、周囲の赤の他人に判りやすい、等と言います。



聾の方は、どなたかと手話で話していれば判りますが、外見上は判りません。どんな災害が起きて、電車が停まったのかは、車内放送あっても聞こえない。



障害者も、本当に様々です。



私も見た目で全く判らない内部障害者ですから、ついつい、電車の発車時刻ぎりぎりになってしまって、うかり走ってしまったりしますと、電車が発車してから、状態が、うろんになってしまい、困る事がありますよ。


私は非該当なので、人的サービスは一切受給出来ませんが。


障害者支援、障害者が生きる、と言うのは、社会資源等を、どう使って、自己実現をしていくか。社会も、障害者は変な人で、訳が判らない、とせずに、おかしい事と、正しい事を、ご自分も含めた形で、全体として。考える事が求められるのだろうな、と、感じたりします。


手話を始めたのは、可哀想な聾者の為、ではありません。


第二の言語を知りたいと思ったから、かな?外国語と同じです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック