bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



バタバタの週末でした
土曜日は、ボランティア先に行きましたが、あるアルバイトの方が、医療も生活支援も入っておられない、多分、双極性障害1型らしき方、ですので。

クリスマス頃に、その方と私で、ご兄弟の利用者さん二人と、昼間〜夜迄過ごすのですが。

アルバイトの方の支援をしながら、子供さんへのサービスをする、と言う形になりますので、やや厄介な事が判明。

理事さんと裏話をせねばならず、又、精神障害の方の支援ですね、と言う感じになりました。


ご自覚、病識が全くない方だそうで、理事さん方も、色々ご苦労があるようです。


凄いな、と思ったのは、そのアルバイトの方は、15年以上、その団体さんに来ておられて、医療や、生活支援が全く入っていない為の、ちょっと困った事、は、頻発するそうなのですが、団体さんは、その方が働ける様に、何とかコントロールをしながら、承知で、アルバイトをして貰っているそうなのです。


勉強されたのでしょう。介護福祉士をお持ちです。現場の介護屋としては、えーと、ご病気に気づいておられないか、気づいていても、ご病気の為にプライドが許さないか、で、プロとしては、少し難しい面がおありの様子ですね。


他の仕事は続かずに、短期間で辞めてしまうようです。


その方と一緒の場所で、子供さんのサポートをしたのは、実は一度だけ。あとは電話が来たり、メールが来たり。


それでも、曲がりなりにも、障害者の方のニーズの介護屋ですから、大体の事には、気付いてしまいます。

私が偉い訳でもなんでもありませんが、その方がプライドを傷付けたり、私に敵対心を抱かない様な、そういう接し方は、して行きたいと考えています。


子供さん方はともかく、お母さん方に悟られては、台無しですからね。


一般の事業所が続かない、と言うのは、勿論、ご病気の為です。自分から退職されるのか、退職勧奨されておいでかは、判りません。


ただ、精神疾患の状態ではなくて、精神障害の域と思われますから、治療、生活支援を受けて下さらないと、自然に治癒する事はありませんので。


年齢も私より少し若い、程度ですから、今後症状は、悪化しかしないので、理事さん方は、お大変だなあ、と思います。



日曜日は、家内が、複雑な用事の為に、遠く迄外出して、お相手様と交渉をしなくてはならない事がありました。


1年くらい前に、複雑な用事で交渉が必要と判り、私が支援に入ると、家族ですから、家内に不具合が起こる為、プロの支援者の方に、お願いをしています。


しかし、交渉事が出来る状態ではありませんから、交渉の場所でのサポートは、プロの方がして下さいますけれど、生活や症状に与える影響は、私がコントロールするしかありません。

まとまらない交渉をサポートして下さる支援者の方には、大変感謝しています。

前後の生活や、症状について、様々な支援団体さん、ご担当さんと、課題と見込みと成果を整理するのは、やっぱり私しかいませんので。


何かと週末はドタバタでした。



本日は、私が自分の通院が山ほどありまして、とにかく早く済ませて。休みたいですね。


ボランティア先のアルバイトの方が、そこだけなら、働ける、と言うのを、団体さんが承知で受け入れて、ご本人は自覚のないまま、何とか高いプライドを保持して働いているつもりに成れる、と言うのは、団体さんにとっては、凄い事ですよね。

頭が下がります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック