bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



はあ。きつかったです。
数日前、早朝に睡眠中、猛烈に足がつりまして、エライ目に遭いました。


何をしたのか、思い出せないのですが、昨夜は、ロキソニンテープを山程使う羽目になりまして。


そして、本日。


市内でイベントがありました。ボランティアに行かせて貰っている団体さんも、見物に行く予定で、私もお供しました。


少し対応が難しいお子さんが、おいでになります。

そのお子さんと、お兄ちゃん、を、クリスマスのイルミネーション見物にお連れする計画があるそうで、お子さんとは言え、二人ですから、主に企画なさる支援者の方がおられて、もう1人必要ですね。


単純に人手が足りない話なので、今は暇ですから、お手伝いする事にしました。


それはそれなのですが。


その、少し対応が難しいお子さん、は、まだ小学生です。

私は一時的なボランティアでしかありません。ある程度の期間や、重さを持って、主体的に支援をする立場ではない訳です。


ボランティアと言うのは、その場かぎりの責任しか取れない立場、と、私は考えています。


利用者の方の人生のある期間に寄り添って、将来に対しても、ある程度の責任が取れるのは、仕事として、その方に対応していく場合に限られます。


ですから、いくら私が介護屋の現場が長いから、と言って、出来る事と、出来ない事がある訳です。


自己表現力がまだまだ確立されておらず、全身性の障害がある、お子さんですから、いきなり普段と違う反応や、もっと言えば、暴れる、つかみかかる、等の行動があった時に、その時ニーズは捉えられます。

しかし、それは、お子さんも、混乱しての表現力で、暴れたり、つかみかかったり、するのですから、行動としては、不具合です。


要求を理解した事の伝え方
その要求は、当然行使されるべき事かどうか、の判断
行動は不具合ですから、表現の仕方として、どう表現すれば良いのか を、ご本人に判りやすく伝えて行く事が必要ですね。


ボランティアの立場では、上記部分には、責任が取れませんので。


一緒にかなりの時間を過ごす事になるため、そのお子さんに、私に馴れて貰っている最中です。




今日は、ちょっとした?大暴れがありまして、理事の方から、こうして下さい、と指示があり、指示通りにしました。


それがボランティアの立場と本分でしょう。


イルミネーション見物の計画をしている方も、実はボランティアさんです。ちょっと私にメラメラ何かを燃やしておいでです。



少し前から、活動に参加される、利用者でない、支援側の方々の、それぞれのお立場が見えて来ました。


企画をされた方、ちと解りかねる事が多く、あれこれ考えた結果を、理事の方に、小さな声で質問してみました。



私が感じた事は、大体当たっておりました。労働が続かない、10年単位で、ボランティアしかしない方、でした。


色々特徴がおありです。


で、比較的標準的な、お出かけのプランを、あれこれ出してみましたら、混乱なさってしまわれて。


その場かぎりの責任しか取らずに済む事は、出来るのでしょう。
職務、労働として、将来を含めた様々について、考察したり、計画したり、実行したり、評価したり、は、無理な方でしょう。



私の立場も同じです。

違うのは。

その立場の中で動いているかどうか、です。



そんなこんながありまして、お子さんには、ずっと一緒に過ごしても、あくまでボランティアでしかない、と言う、認識、かな?


で、今度は上半身に精神的な負担でも来たのでしょうね。お子さんとも、馴れておかないといけませんし。
鉄の板が入った様になりまして、吐き気迄する騒ぎになってしまいました。


ボランティアって、難しいのです。

何時間も掛けて、眠ったり、マッサージしたり、で、やっと少しほぐしたら、こんな時間です。


勿論、夕飯もまだですし、沸かした風呂は、そろそろスイッチ、切れちゃいます。


ボランティアしかしない方、大歓迎ですが、自己実現に、ボランティアを利用されると、こまります。

ボランティアでも、謝礼が出る事もありますが、それを賃金と勘違いなさるのも、困ります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック