bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



中村小山三さん
勘三郎丈の血筋を、中村屋、と言いまして、最年長の門弟さんです。

二代目中村小山三


今時は判りませんが、今でも、ほとんどの血筋は、血縁、跡継ぎで続く、歌舞伎俳優さんであります。

例外は、市川猿之助丈一門でしょうか。今は猿翁と名乗っておいでですが、あちらの一門には、一般家庭から、歌舞伎養成所の様なところを経て、名跡となっている方々がおられます。


中村屋は、そうではなくて、血筋、跡継ぎで続く家柄です。

小山三さんは、先日他界された、勘三郎丈の先代、つまり、お父さんに弟子入りした、一般家庭出身の方です。


昔の商家なら、番頭さん。
弟子入りが4歳です。
勘九郎時代の、勘三郎丈等、誕生する遥か前の方。

今年92歳と覚えています。門弟さんが結婚してはいけない事はないのでしょうが、どうも、ずっと住み込みで、中村屋を支えてきた方の様に思います。

17代目、先代を見送り、今度は、赤ん坊の頃から面倒をみた、18代目を見送り、まだまだ現役で、番頭さんをしておいでです。


大正10年くらい?数年前のお生まれだと思います。女形の、その他大勢をこなし、雑用その他、子息の教育等、名跡たる当主は、芝居の事しか頭にありませんから、芸の上での、よろず承りをする方です。


昨夜、あるテレビ局が、何十年も中村屋と親交があったそうで、追悼番組を1日半で仕上げて、放送しました。


まだ勘三郎丈が亡くなられた事が、私には信じがたい事でして、番組の中で、イキイキと動き、話し、している勘三郎丈が、もう居ないのだ、と思えません。


番組の中で、平成中村座の御披露目、と言う部分が出て来ました。江戸時代に、市村座と並んで、庶民のごくたまの贅沢だった、歌舞伎座の1つ、中村座の座元は、今の中村屋だったんです。


その御披露目の口上に、勘三郎丈と並んで、小山三さんが連なり、一緒に口上を述べているシーンがありました。


一般的にはあり得ない事なんです。


その小山三さんが、号泣している様子、勘三郎丈が、元気な頃に、当代の勘九郎丈をしつけているシーン等もありました。


決して、主役が張れる立場の方ではありませんし、門弟身分の方が、何かで襲名する事等があれば、その時だけは、名跡始め、血筋、跡継ぎ等が脇役に回る事が、稀にあるようです。でもその時だけ、です。

小三左さんも、そういう門弟の1人です。まだまだ門弟になる方はあって、つまりは大部屋俳優さん、と言う感じでしょうか。小山三 と言う名は、一応名跡ではあるようですね。(歌舞伎俳優 と言う事です)


歌舞伎界では、父親と同期以上の立場の俳優さんを、おじ様、と呼びます。
同等程度で、年や芸歴が上の俳優さんは、兄さん、と呼びます。

門弟さんは、公式には呼び捨てです。


毛色の変わった俳優さんが、出る時もあります。
中村屋では、笹野高史さんがそうですね。


でも、笹野さんは、歌舞伎も出来る俳優、であって、歌舞伎座の舞台には乗れません。


笹野さんは、勘三郎丈を、旦那、と呼んでいた様です。


孫程の勘三郎さんを見送って、その人限り、の血筋のない、沢山の方々が涙されているのでしょう。


小山三さん、これからも、中村屋をもり立てて下さいね。生き字引ですから。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック