bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



有難いお話を頂きました。
失業中です。

変な法人さんで、困ったことになり、10月1日に失業給付の手続きをしました。今は受給中。

求職者支援法と言うのがあるそうで、職業訓練校とは別に、3か月講座を、指定民間事業所さんがやっています。介護屋のノウハウには、今も、ヘルパー2級が人気のようです。

ヘルパー2級の講座に併設で、知的障害者ガイドヘルパーとか、視覚障碍者の方の同行援助とか、重度訪問介護とか、行動援護研修とか、おまけがついているのもありました。

私は資格なしですが、ヘルパー1級は持っていますし、実務経験で出来る仕事がまああります。ガイドヘルプと、行動援護の加算が付きます。その代り、実務経験の証明書が必要です。同行援助くらいは欲しいな と思ったのですが、すでに1級持っているのに、2級の講座には通えません。

以前から、困ったな と思って居たのですけれど、他の介護職の方は判りませんが、自立支援法における、私がしてきた種類の仕事は、常勤さんで、残業もこなして、まあまあの収入か、もしくは、登録ヘルパーさんで、自由になる代わり、月数万円 と言う二極化があります。

私はちょうど真ん中で、雇用保険程度の働き方を希望しています。
常勤さんの仕事も、亀の甲より年の功で、出来ない事はないのですが、物理的な総量が重くなると、どうしても、データが悪化します。



我が家には、私がある程度プランニングしている、寝たきりの家内がいますから、その介護も、家事も、私の役目です。有難い事には、障害年金が2人とも2級なので、最低限程度の暮らしは出来ます。雇用保険ギリギリくらいで、どうにかなる家庭です。

と言う事で、そうだ! 医療事務に、介護報酬計算のおまけがついた講座があった と思い、それに申し込みをしてあります。たぶん、通えることになると思います。




そんな事に悩んでいたところ、10年以上前の上司から、連絡をもらった と言う訳です。


ご存知の方にはわかりやすいので、申しあげますと、『育成会』(親の会)の2世職員さんでした。


昨年の6月に育成会を退職されて、『NPO法人を立ち上げました。』と、しばらく前にメールをもらっていたのですが、又、音信が途絶えていたところ、2日ほど前に『その法人はここです』と連絡があり、そのあと、『話したいことがあるが、会えないか?』と、連絡がありました。

で、こちらは暇ですから、『明日(12月6日 木曜日)空いてますよ。』と返事をしたところ、当方の最寄駅まで来て下さる由。


確かに、『今、失業しています。見学をさせて頂けませんか?』などと、お返事はしたのですけれど…
まさかね。まさか。

で、まさかが起こりました。

小さい小さい法人さんです。
言えば、自営の様な法人さんです。
措置時代からあった任意団体さんが、措置の末期頃、法人化されたそうです。
新しく立ち上げた法人は何?と思ったのですが、既存の法人さんに、プラスして、新規事業を付けたようです。

その法人さんで、訳あって、長年の職員さんに退職して頂きたいようなことがあったそうで、要するに、人手が足りないようです。それで、私に、『うちに来ないか?』と声を掛けて頂きました。


個人的な事のお話だと思ったのです。
私は法律屋の息子ですから、法律の事?
家内は結構重い精神障害者ですが、かなり法的なサービスを使えていますし、本人も、それなりに努力して、再入院せずに済んでいます。
そのあたりのお話かな?とか。

そうではなくて、雇って下さるお話でした。



2年半前、2010年の7月に、私が心臓を切っていた時、病院まで見舞いに来て下さったのが、お目にかかった最後でした。


その後、上司も、私も、様々な事がありましたが、運よく、私が仕事探しをしているときに、ちょうど、私くらいの勤務者が必要な場所に空きが出来て、お困りとか。


そちら様にご厄介になるような気がします。

いまどきの小規模多機能なのですが、利用者の方は、措置時代からの皆様との事。一世代変わらないと、その法人さん、変革できないかも ですが、B型就労継続の作業所があるそうです。そこをやってくれとのお話。

ケアホーム、グループホームもありますし、余暇活動の機能もあるのですが、夜勤をしなくて良いようにと言うご配慮もあるのだと思います。

本当は年明けにでもすぐ来てほしいご様子でしたけれど、折角職安の講座に行けそうなので、それは行ってから と言う事にして頂きまして、4月からお世話になるかな と思います。


有難いのですが、とてもとてもびっくりいたしました。

勿論、時給計算の非常勤職員です。
私が職安に行った日の、私が帰宅した後あたりに、情報を出されたそうです。
不思議なご縁ですね。

その上司の方は、実は何も資格をお持ちではありません。
介護福祉士も持っておられません。
社会福祉主事任用と、サービス管理者研修修了です。
古い時代の名残かな。

仕事はとてもできる方で、私が長年お世話になった事業所さんのトップの方とは、又、違った意味での、実力者です。
双方の上司は、意見は合わないかな と思いますが、方法論の違いだけで、目指すところは同じようにも思います。

私は住まいする自治体の中での人脈はありますから、その中での仕事がなんとかできないか、考えてもいたのですが、なかなか難しいお話でもありました。どちら様も、善意の方々が、手弁当でやっておられるようなところが多いのです。頭は下がりますが、まだ、ボランティアさん専門になるには、ちょっと人生長すぎます。家内の面倒を見ないといけません。

長くお世話になった事業所の方々とは、何かにつけて、ご挨拶が出来れば良いかな と。
行事等の時は、顔見せに行こうと思って居ます。


この地に住んで、10年は経っていないのですよ。人生の今までのほとんどは、出身地での生活でした。いつかは出身地に帰りたいなぁ とも思うのですが、こればかりは家内もいますので、判りません。
出身地は、電車の乗り換えで、駅と駅の間の時間なら、30分かかりません。
我が家は私鉄の枝線の真ん前ですが、実家のある場所は、駅から、バスに20分以上乗って、終点のバス停から、6~7分歩きます。だから、すぐそばと言えば、すぐそばかな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック