bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



肺炎
中村勘三郎丈も、肺の重い疾患で、亡くなられたそうですが。


免疫力が落ちている方に、肺炎は深刻です。

私事ですが、母が他界しているのですが、死因は誤咽性肺炎でした。前日迄、療養型病院で、常時酸素ではありましたが、元気でした。

私は家族と縁がないので、詳しくは知りませんが、脳梗塞を起こしたらしいです。脳梗塞自体は軽かったのかな?それ自体が死因じゃありません。
それから何故か、肺の片方が、全く機能しなくなったそうで、従来型の病院さんから、常時酸素対応の出来る、療養型病院さんに、入院していたそうです。

ある時、早朝の一番手薄になる時間帯に、何かを吐いた様子で、吐瀉物が、器官から肺に入りました。

普通の体力があれば、噎せる事が出来ますが、母にはその反射が出来る体力がなかったのでしょう。

こうなると、酸素の量を増やすくらいしか手段がありません。延命措置を希望しませんでしたから、意識がないまま、丸1日もたずに、他界しました。



お世話になった、前の事業所で、他界された方がおいでになります。


もう2年程前でしょうか。糖尿病ギリギリの方で、胃の弱い方でした。時々、潰瘍でしょうか?ストレスや風邪等から、胃を患って、高熱を出したりする事のある方でしたが、ご本人は、お元気に過ごしておいででした。

盲の方で、知的障害が重度の方でしたが、パワフルな方で、一人暮らしをされていました。


ずっと視覚障害と、知的障害併発の方専用の入所施設におられて、一人暮らしがしたい、と、訴え続け、その方があって、私の前の事業所は出来た様なもの、と言う方です。

その方がおられた施設に勤務していた職員さんが、疑問を感じて、遂に、退職されて立ち上げたのが、前の事業所だったんです。


とにかく我が儘で、毒舌で、凄い方でしたが、公民館を借りて、ひっそりと行われた葬儀に、100人近い支援者が集まりました。


そんな方でしたが。


正月に、当時の同僚の職員さんが、昼食等の支援の為に訪問したところ。


吐瀉物があちこちに散らばり、血液も散らばり、と言う室内で、ご本人が苦しんでおられるのを発見。


すぐ救急搬送をしてくれました。


一時は、翌日迄は難しいだろう、との事でしたが、回復されて、車椅子を押して貰って、看護師さんに毒づいたり、暴れてみたり、と、ヒヤヒヤはしましたが、これなら、在宅看護を入れれば、自宅で生活出来る、迄きたのです。


しかし、やはり、口から食べ物を食べて頂ける状態でなく、胃ろうで、三次救急迄ある病院さんから、転院せざるを得なくなり(療養型病院ではありませんし。診療報酬も下がりますし。そちらの病院さんは、今、生命が危うい方の為のベッドがある病院さんでした。)転院してから、少しずつ様子が落ちていかれ、闘病半年と少しで他界されました。


この方も、肺の奥深くに、黴菌の塊があり、巣食ってしまいました。原因は、吐瀉した時の、誤咽でした。



飲食物等に噎せる事は、一般の方にもあるでしょう。噎せると言うのは、生命を守る為の、身体の反射です。


誤咽でなくても、肺に、ウィルス等が巣食う事はあります。本来なら、免疫力が排除出来る、些細な菌が、肺の中で、激症化するのだそうです。


高齢者の方に、噎せる方は、かなりおいでになりますね。


風邪をこじらせて、高熱が出て、肺が炎症を起こす肺炎も大変ですが、体力、免疫力が落ちた方が見舞われる肺炎も、結構怖いですね。



今もそうですが、家内の具合が、著しく悪かった、今年の初夏の頃、家内も盛んに噎せていました。


11月、膀胱炎は起こしましたが、肺炎は起こしませんでした。


実にヒヤヒヤしたことでした。


改めて、体力、免疫力とは凄いな、と思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック