bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



小さな集まりに行きました
昨日の夜ですが、友人がやっている、小さな集まりに、お邪魔しました。


どんな集まりか、説明しにくいのですが、既存の価値観や常識の中では、生活し辛い方々の、匿名のお喋りの場所、と言う感じです。

色々な方々が、毎回数名、おいでになる様です。場所は、参加したい、と問い合わせがあった方に、ご案内するそうで、非公開ではありませんが、コンタクトを取って居ない方は、お見えになれない仕組みとか。


友人は、高齢者の方の為の相談職?介護職?ですが、ヘルパーを使いたい人対象じゃないそうです。


普段、生活していて、社会の常識の様なものに阻まれて、その方なりに生活がし辛い方々、なのですが。


例えば、既婚女性で、配偶者の方が、家庭の雑事を一切しない事で、追い詰められている、とか。

男性で、実家の跡取りを強制されて、困っている方、とか。

とにかく、色々な人が、匿名で、その場かぎりのお喋りをして、ちょっと気分が軽くなって帰る、と言う様な場所だそうです。



昨夜、ふとお邪魔したら、精神障害を患っておいでの方が来ておられました。障害当事者の方も、良く見えるそうですが、その方は、ご本人のご自覚と、客観的な判断が合致していない様子で。


ご本人の生活のし辛さは、様々な不具合があって、精神疾患になり、病院に通院しているが、人間関係を構築すると、非常識な人が。悪意で、それを破壊して、そのコミュニティから追い出されてしまう、と言う事が、生活し辛い、と言う事でした。


私は途中からお邪魔したのですが、どうも、お話の具合に、ピンと来るものがありました。


話題になっている事柄はともかく、思考回路の様なものが、現在、陽性症状が激しい為に、ご自分だけの狭い世界の中におられて、許容範囲が著しく狭くなってしまっている状態の方、に見えました。



勿論、だから来ては困る、と言う事はないそうです。我が家にも、精神障害の妻がいますし、友人と私は、それなりに、病故の辛さなんだろうな、と、感じました。



入院中の妻を思い出しました。


同じ様な事になっていましたね。


その方が、主治医の助言の下に、作業所に行ったり、習い事を始めたりすると、必ず、阻害要因が出来、ご本人は何も悪い事をしていないのに、理不尽に追い出される、と、お話されていました。


良く聞いていると、ご本人は週一回必ず通院する事になっておいでとか。
又、軽いので断ったが、社会に阻害されずに、ゆっくり療養する為に、入院を勧められた事が、何度もあるようです。


なるほど。


家内は寝た切りになってしまうので、重い事が解りやすいのですが、その方はどうやら、身体は動くし、本人さんの自覚は、私はとても軽いのだ、と言う感じの様子でしたが、友人と私が後でやり取りした限りでは、多分、かなり重い方でしょう。


阻害されているかどうか、は、私には判りませんが、ご本人の中では、紛れもない真実なのです。



まあ、普通の人、と言うのは、存在しないので、なんですけれど、身体は動くし、自覚は、軽い自覚で、実は症状としては、入院が相応しい方、お辛いだろうな、と思いました。


又、周辺の皆様も、ご本人の独特の価値観で、勘違いされたり、悪意があると言われたり、になりますから。


色々と難しいものだと、改めて感じた事でした。


障害当事者オンリーの集いでさないので、健常者で、暮らしにくい方々は、かなり振り回されてしまいます。


またお見えになられたら、お話、拝聴しようと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック