bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



クリスマスが近くなりました。

えせクリスチャンの私ですが、(ほんとにカトリックの信者です。洗礼受けています。皆様信じらないかと思いますけど。)そろそろクリスマスだな と言う気持ちは一応あります。

信仰としてのクリスマスは、あちらに置きまして、楽しめるクリスマスの話を少々



ノーラッド





今は稼働していませんが、クリスマス当日、インターネット上で稼働します。
第1次世界大戦頃?詳しくは忘れましたが、クリスマス商戦真っ最中に、アメリカで、ある会社が、サンタクロースについての電話回線を引いたそうなのです。当日、子供たちから、電話を受けることにして。
サンタクロース電話 の様な感じでしょうね。
新聞に大々的に広告を掲載したところ、その印刷がなぜか間違ってしまい、掲載された電話番号は、ノーラッドNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部だそうです)の司令官質の直通電話だったそうな…

その際、その司令官さんが、気を利かせて、部下に『今、サンタクロースがどこを飛んでいるか』調べさせて、子供たちの電話に応対したのだそうです。
その時は、実際に空を飛ばした訳ではなさそうですが、余り辻褄が合わないと、数回電話してきた子供もいるかもしれませんから、飛行ルートみたいなものは、仮に作ったのかもしれませんね。

で、今はインターネットがありますから…
年に一度だけ、クリスマスイブ、つまり、12月24日~12月25日早朝と言いますか、夜中と言いますか、25日の朝にならないくらいまで、実況中継をしています。勿論、CGなのですけれど、なかなか素敵な物ですよ。大人が見ても楽しいです。

その年に色々な事があった、特に天災や、暴動や、感染症や、戦争犠牲者などが多く出た地域には、必ず飛んできます。
昨年は、日本上空通過時は、仙台の上を通過していました。

今、HPはあるだけで、開きませんが、クリスマス当日は開きます。
メールも送れます。
当日はその国の言葉に翻訳する協力者の方がいるようで、日本語で閲覧できます。
NORADが、子供たちにサンタクロース追跡を提供する様になった理由や、その時の司令官さんの写真なども閲覧できます。

メールは、今からでも送れます。
返信が来たような気がしますが…自動メールですけれどね。
お子さんにサンタクロースから、メールが来たら、喜ばれるのではないでしょうか?
リンク先に『SEND』ボタンがあります。
そこから、メールフォームで送れます。





なんと、サンタクロースにも認定試験がございます(^^)

公認サンタクロースと言うのは、確か、グリーンランド政府の機関がやっているのです。


公認サンタクロース


日本人唯一の公認サンタクロースさんの個人サイトです


サンタクロースサイト


こちらも、個人の方のサイトですが、美しいのと、上記サイトへのリンクがあります。ちと情報は古いですけど、きれいです。






実際にサンタクロースを演じる人を養成するボランティア団体だそうです。
日本人の公認サンタクロースの方もおいでとか。
日本人サンタクロースさんの個人サイトは、常時あったと思います。少なくとも、今夜は開きます。
で、サンタクロースの説明などが子供さん向けに書かれていたり、サンタクロース候補の方の写真や、研修の様子が掲載されていたりします。


ではサンタクロースに実際に郵便で手紙を送りたいと思ったら、どうするか と言いますと、今度はこちらにはサンタメールと言うシステムがあります。

これはフィンランド政府がやっているもので、こちらのサイトは、その下請けを許可された企業だと思います。

日本でサンタメールを、サンタクロースに取り次いでくれるお役所はがあるのですよ。
それは広尾町役場です。
北海道の広尾町の町役場は、フィンランド政府公認の、サンタメールを発行することができます。

広尾サンタランド 




受け付けは、なんと!郵政省の時代から、郵便局です。
今年の受け付け分は締切になったかならぬか、ちょっと曖昧ですが、近所の郵便局で聞いてみてください。
サンタクロースへ手紙を出すのは、いつでも構いませんが、サンタクロースから、手紙をもらうには、こっそり大人が申し込んでおかないとだめですね。


企業などが、絡むものは営利のものもありますが、NORAD、グリーンランド政府公認サンタクロース、フィンランド政府公認サンタメール 等は、基本的には善意のボランティアさんの力で支えられています。


お子さん、障害のある方などに、利用をなさいましたら、少々でよろしいので、ご寄附いただくと、お互い様精神として、結構かと思います。


営利でも色々なサンタクロースからのプレゼントが宅配便ですけれど、送られてくるシステムもありますね。

宅配のピザ屋さんや、フライドチキン屋さんが、薄いサンタクロースの衣装を着て、興ざめするような配達をするのは、私は感心しないのですが、アルバイトの方も大変です。


飲み屋さんのサンタクロース嬢と、お父さんは仲良くしない方が宜しいでしょう。



私、子供の頃、サンタクロースを見たことがあります。
当時はまだまだ、そこらじゅうにサンタクロースの格好をした、宣伝のビラ配りなどはいませんでした。
バスの中から、サンタクロースを見つけたのです!
それはそれは、サンタクロースらしい、サンタクロースさんでした。
父や母が、サンタクロースは、寝ないと来ない 等と言ったものでした。
(私の父は、妙な現実主義で、サンタクロースなどはいない。お父さんとお母さんが一生懸命働いたお金で、クリスマスプレゼントを買うのだ と小学生になるかならぬか の子供に暴露する?様な親でしたけど。)

そのサンタクロースさんは、多分、商店街でお願いしたか、どなたか恰幅の良い方が、買って出たかの、サンタクロースさんだったのでしょう。


子供さんはもうクリスマスと誕生日はゲームソフトか、ゲーム機に夢中!ではありましょうけれど…

皆様もご家庭なりの楽しみ方で、来月の今頃、クリスマスをお楽しみくださいね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック