bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



介護、福祉専門求人窓口等
私が普段、仕事探しをする時に利用するのは、住所地を管轄する職安ではない、遠方の職安です。


専門求人窓口があるからです。


オペの後、2年弱は、一般の介護屋さんと同じく働くつもりで、あわあわしていましたが、流石に無理だと悟ってからは、それなりの探し方をしています。


職安系統の講座、学校の相談窓口でも時々お見掛けしますが、介護屋さんになろう、と志す、今は仕事がない方、沢山見えています。

聞こえてしまうので、その範疇ですが、異業種からの転職の方が多い様に感じます。


職安にも、ヘルパー二級講座が沢山募集されています。


求人の窓口に来られる方は、未経験、未資格の方が多い様です。介護屋が転職したい、と言う話の方には、私は余りお目に掛かりません。毎日行く訳ではないですからね。


職業訓練の窓口で、日程調整をしていたら、背中側の窓口で、講座の詳細を聞いておいでの方が、おいでになりました。


中年と言うには若い男性の方でしたよ。


職業訓練の講座の説明をざっと聞かれた後、開口一番、講座に行けば、必ず就職が保証されているのか、を質問されていました。


介護屋は、人手不足、と言われますが、実は、人手不足じゃないんです。
人材不足でしょうか?


介護保険の施設介護と、訪問介護の仕事は、数は沢山ありますよ。


私の様な、障害者の方相手オンリー、と言うのは、無いに等しいですが。


仕事って相性、適性があります。どんな仕事でも。
介護、福祉なら、人手不足だから、必ず仕事が得られる、と思われると、ちょっと厄介かな。


適性の無い方には、苦痛だと思います。基本的に、サービス業ですから、その辺りと、後は現場の場数でしょうか。


待遇面で、生活が保証されない支援者の方も沢山います。私もその中の1人ですね。



任侠ヘルパー、と言う映画が上映されるそうです。
在宅ヘルパーを、SMAPのメンバーの方がしたそうです。


地味な割に、細かいスキルが必要な仕事ですが、定着してくれる支援者の卵さん、が増えると良いですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック