bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



久しぶりに、日曜日らしく
毎日が日曜日 の様なものですが、結構バタバタとしていて、休日らしい休日って、特別ないのです。

本日は珍しく、お客様がありました。
妻と私と、共通の友人です。
システムエンジニアの方で、かなり遠くから、来てくださいました。
妻の事を、良く気にかけて下さる方で、妻はその方から頂いたパソコンを、ずっとサブ機として使っていました。

それが最近、私のパソコンが(これは遊びのパソコンです。仕事ではほとんど使いません。)怪しくなったので、妻があれこれ、やってくれたのですが、もう少しのところで、起きている現象は判るけれど となって、私がストップかけました。
一人で作業のできる限界を超えるのが分かっているので。

そんなこんなの折、友人が、『3人でお茶でも飲みませんか?』と声を掛けて下さいました。

ごく近くまで来て下さると言うので、すっかり甘えて、我が家においで願った と言う訳です。


妻もかなり順応性が出てきたか、友人は女性ですので(既婚の方ですよ)安心感があるのか、体よく言えば、部屋着、はっきり言えば、寝間着のまま、お迎えしまして。
友人も、そういう点は理解のある人で、悪い遠慮もしませんし、ずけずけ何か言う訳でもないし、で、大切な友人です。
悪い遠慮をする人はたくさんいるんです。世間には。

土日の感覚が私にも妻にもないので、久しぶりに日曜日らしい日曜日を過ごしました。
妻も、やりたかったパソコン作業が、友人のサポートで(って、ほとんど友人がやって下さったようです)出来て、楽しそうでした。
私が介護屋やってる時って、実に楽しいのですが、それと同じようなものが妻にもあるのでしょうね。
まるで、積木や、レゴブロックを組み立てる様に、女性(若いとは言えない二人?)が、嬉々として、やっている様子は、なんだかほっとしました。


人様がみえる となると、何となくサボっていた掃除やらなんやら、しましょうか と言う気分になるのは、私の方です。
友人が入る訳ではないのですが、風呂場やら、洗面所やら、台所の排水やら、洗濯やら。
あ、手洗いは使うかな とも思ったのですが、そういえば、使わなかったかも。

商売柄、水回りが云々というのは、嫌なんです。
いやというか、見ないふりをすると、最後に後始末するのは、我が家の場合、私ですし、仕事で と言う場合も、たいてい、自分がやる羽目になります。
商売ですから、その辺は、一般の方よりは、少し手際がいいです。

洗濯機をね。
時々、そうですね、10日か2週間ごとくらいかな?時によりますが、洗濯機の洗浄のための洗剤ってありますよね?
あの類で、掃除をするのですが、いつだか書いたかもしれませんけど、我が家の洗濯機は設置方法がやや常識的でなくて、そのため、見えない排水口やら、もっと奥に行って、排水溝やら、にびっしり汚れがたまってしまっていて、前回掃除をした時、洗面所が洪水になり、大慌てで、排水溝に近い部分まで、外して、掃除して とえらい目にあったのでした。

今日は見張っていましたら、大丈夫でした。
洗濯機がそれほど汚れていなかったのか、排水溝がまだ大丈夫なのか、が分からないですけれど、非常にスムースに流れたようです。

関係ないですけれど、排水だの、換気扇だのに、スポンジや、不織布のフィルターが挿んであることがあります。
その類のフィルターとして機能しているだろう、スポンジが1つ余ってしまったのです。この前の掃除の時。どう考えても、何もかもはずして、一番奥のあの部分にあったフィルター としか思えなくて、これが外すのが厄介なんです。素手でやったら、傷だらけで、しばらく化膿しそうで面倒でした。
汚れる前に、もう一度外して、はめるのが一番良いんだけど…

本日は見ないふり。

それから、本当に1年ぶりくらいに、夕食を作りました。
普段、私は料理はしません。自宅では。
ヘルパーさんと、精神障害のある方の作業所がやっている、宅配のお惣菜を使っています。
妻は食べに出かける、買ってくる と言う事が不能な時が多いので、面倒なときは、妻には、惣菜があるようにして、自分は適当に済ませてきてしまいます。

以前は家事は全部私がやっていて、食事も、夕飯の支度くらいは、自分でやっていたのですが、心臓切って、非常勤になって、無理がたたって、疲労が溜まってしまって と言うあたりで、諦めました。
だから、賃貸から、ここに引っ越してきて1年半くらいですけれど、ほとんどやっていないです。
一年くらいはやっていないんじゃないかな?

折しも、様々な事情から、月曜日に来られるヘルパーさんが、炊事・洗濯・掃除ではなく、妻の膨大な、えー、荷物の塊と言いますか…(一度には説明できません)

要するに自分で片づけて、管理するには、頭がちゃんと働いて、それに基づいて体が動かないとだめですので、妻が一人で、日常の暮らしに不自由ないように、ある程度する と言う事が、今は出来ないために、日常性の高いもの、衣服ですかね、を整理することの為に来られることになったそうです。

きれいに整理整頓されている、引き出しケースに収められた衣服は、全て、持っているだけなのです。
好きでないか、着られないか(体型が変わった、好みに合わなくなった、流行おくれなどなど)知りませんけれど、絶対に着ないし、そこから出して着ようと思わないので、非常に美しいのです。

そういう場所が沢山あって、結構、狭い我が家の場所を占領しています。地下の収納スペース(畳半畳くらいで、天井までスペースがあります。)は、引っ越してきた時に、妻が、『整理が必要だけれど、必要なものがあるので、『とりあえず』入れた』品物(私には、申し訳ないけれど、何故、昔の仕事の資料が必要なのか は判りません。価値観ですから。)で、天井まで一杯です。



てな事で、月曜日のヘルパーさんは、直近には、妻が体調不良から、2サイズくらい太ってしまって、着られない衣服を全て出して、一度山にする と言う作業をして下さいます。
私なら、引き出しケースごと、全て、有無を言わさず捨てたいところですが、そういうのは、ヘルパーさんの本領発揮なので、(本人が判断しなくちゃいけないから。)お願いすることになったようです。

どれだけ着られない無駄なものが(新品もたくさんあります。)どれだけの場所を占領しているのか を本人が自覚することがまず必要ですよね。
それから、繰り返し繰り返し同じものばかりを、数枚着回していますので、その防止には(もちろん、とりあえず着られる と言う事が分かっているもの ですから、洗濯を重ねて、よれよれです。よれよれなのに、本人は毎日着ているので、見ないふり^^)どれだけ今着ることが可能な服が少ないか を把握しないとダメ。

精神疾患や、精神障害のある人は、片付けが苦手です。
それは病のためでもあるのです。
頭も体も動きませんし、一度捨てたら、買いに行ける保証が本人さんの中にないのです。
と、うかつに捨てたら、あとが面倒、だったら、このままで となりやすいです。
本人さんの中では、完璧な整理整頓計画が10年前から構築されている場合も良くあります。

だったら、さっさとやれ!!!と私も言いたくなりますし、(妻ですから。家族なので)出来ないなら、全部一度捨てて、新しいのをドン!と買おうじゃないか と言いたくなります。
実際、妻ですから、然程気になりませんが、時々自分が非常に体調が悪い時は、『ここの一角全て黙って捨てても、絶対に支障はない(10年ではないけれど、一緒になってから、一度も開いたこともないようなもののたまり場ですね)』と確信できるもの が捨てたくて、捨てたくて、イライラする事もありますです。

人間だもの って、どなたか詩人?書道家?の方が、書き残しておいでですね。




そういう感じだと、必然的に荷物は多くなります。
一緒になって、お互い、引っ越し先に越してきた時。
妻が先に越してきました。
私の方が半月くらい後でした。

妻の一人暮らしの時の部屋は、ワンルームアパートで、7帖?くらい。
私のワンルームマンションも、7帖半。でも、妻の住まいしていたアパートの方が、築年数が古いので、広かった様子。

私のワンルームの部屋は、必要最低限のものしかありませんから、梱包は自分でして、(引き出しケースなどに収めてあるものも多く、それほど、梱包はありません)積んで、運んで、友人に荷解きを手伝ってもらって なんてやっていましたが、(数回は引っ越ししてますので。)それでも、午前中、昼近くに積み終わって、荷解きして、15時くらいで、遅い昼食でも、友人にお礼代わりにご馳走して で終わりでした。

妻が、前の賃貸に引っ越ししてきた時は、『品物は、押し入れの中まで、ぎっしりいっぱいに入っています』などと、説明したようですけれど、プロの引越し屋さんの想定範囲外だったようで、2トントラック1台?2台?で済むはずで、梱包もお願いして、2名の梱包員の方が来て下されば大丈夫 となったようでしたけれど。

実際には、梱包員の方は、2名→4名→6名(積む係りの方も手伝いする羽目になったそうな…)。
トラックは、2トンだか、4トンだかのはずが、追加追加で、合計10トン?12トン?になったとかで。


勿論、プロの引越し屋さんが、正式に見積もって、本人も、押し入れの面積一杯、高さいっぱい入っていますよ とか、この部屋はもともと7帖です、狭く見えるのは、何重にも折り重ねて複雑に前に前に、と、入れ物がランダムに並んでいて、壁が見えないからです とか、さんざん念を押したそうで、『追加料金は一切発生せず』『始まったのが、朝の9時。現地を出たのが、夕方の17時半。引っ越し先までは、車で1時間半では来ない。それから、単純に荷物を部屋に入れただけ で、21時は軽く回った』そうです。

私も妻の普段の生活を知らぬ頃でしたから、まさかそんな事になるとは知らず、(当時は精神障害だという自覚が本人になく、私も見抜けなかった)もったいないお化け とよく言いますが、『梱包は忙しいから、頼むけど、荷解きは、開ければよいだけだから、自分ですぐできる』と確信した妻は、荷物搬入までしか頼まずに、半月、荷物と格闘したようでした。



引っ越しのプロも見抜けぬくらい、溜め込んでいたのでした。捨てられないからね。

一時はその荷物がすべて、最初の住まいに搬入されて、私が暮らすはずの部屋も、面積一杯、天井までうず高く、妻の荷物がありましたっけ(^^)



話の脱線がアンドロメダ星雲あたりまで行っちゃいましたが。

本日は、久しぶりに、妻に手料理で、まともなものを食べさせてやれました。
友人が作業と同時に本人の世話をして下さったからです。
感謝、感謝。

こうやって、人様に助けていただきながら、我が家は生活しています。
私は介護屋ですが、ヘルパーさん と言う自覚があまりないんです。
どっちがどっち と言う事はないんでしょうけれど、自分の自覚の中では、私はヘルパーさんではなくて、介護屋だ と言う自覚かな?

介護屋でも、家族の介護は出来ません。
物理的にも、精神的にも、社会的にも、無理があり過ぎます。

様々な方に支えられ、自分もどなたかの支えになり、と言う生活って、昔のご近所の生活ですよね。


良い日曜日でした。夕食後は、(22時近かったですけど)テレビの洋画劇場を見る余裕もあったし。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック