bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



帰宅すると…
本日は、昼間、家内が自治体が行った、精神的な不具合を抱える人が、どうその辛さを消化していくか と言う様な、学習会に一人で行きました。

私はボランティアで、全身性障害のある、学童、生徒さんの放課後、休日活動の場所に行っていたので付添は出来ませんでした。

ボランティア場所に行ってすぐ、家内から、電話がありまして、具合が悪くなってきたが、頓服薬を持参したつもりなのに(袋ごと全部持参したようです)袋に入っていない。あなたは手を付けたか?と聞きます。
手なんか付けません。もちろん、余り頼ってほしくない、その場限りの薬ですから、宜しくは思っていませんが、こっそり、飲めないように隠したりは致しません。

で、当方は、仕事で来ている方々と同じ程度には、支援出来ますし、しますから、半分忘れて、帰り道は、食事をして(と言うのは、土日はヘルパーさんも、惣菜を届けて下さる作業所さんもお休みなので、金曜日に来た惣菜などは、出来るだけ、土日に家内用にしたいから。)こちらも全身性障害のある方の支援は、そうそう慣れていませんし、失業していても、結構忙しい毎日を送っていますので、夕食を取った所で、半分うとうとして、気付いたら、結構な時間になっていまして。

帰宅してみたら、家内は食事をしています。顔色、表情、宜しくないです。
大丈夫ではなさそうな人に、大丈夫か、聞くバカもないですが、「どうせダメでしょう?」とも言えず、「大丈夫か」聞くと、勿論、ダメでありました。

こういう時、私はどうダメだったか、詳しく聞いたりしません。
どうも、精神科で意識喪失した時の様に、バタン!と倒れて、しばらくは意識朦朧だったのかな という印象の話でした。

家内が「もういやだ。自信ない。」と申します。
それはそうでしょうね。

でも、私はそうは思わないのですよ。
いつも行くところは、家内は決まっています。
通院か、買い物程度です。
それ以上の何か には、私がたいてい同行するか、迎えに行ける状態にあります。

本日は、家内が、その精神的に辛い状態にある人が、前向きに考えるにはどういう支援が必要か と言う様な講座に行ってみたいと考えて、自ら出かけていきました。
怪しいな と思ったので、私のタクシー券をお守りに持たせましたが…

講座が始まる前に、具合が悪くなって、運悪く薬の袋に、頓服薬が入っていなくて、いつ倒れたのかは知りませんが、倒れた後は、朦朧としていたわけです。
でも。
それ自体はあり得る事で、現状では仕方ないのです。
それよりも、「自分から行きたいと思う」のがまず、最初です。
「行こうと思って、行ってみる」がその次です。
ここまでで、十分、本人頑張ってます。
私もいない、いつもの行先ではない、周りの方々は、初めて接する方々で、本人の病状を知らない。
その中で、良く行ったと思います。

で、倒れた後も、どうにかタクシーで無事に帰宅して、そのまま寝込んで(熟睡したようです)、私が帰宅した時には、ぼそぼそながら、夕食を取っていました。

勿論、学習会の様な催しには十分に参加できなかっただろうと思います。
それでも、自分で行けたこと、行きたいと思ったこと、倒れたけれども、知らない人たちの中、自力で、無事に、自宅に帰ってきたこと、これだけで私は十分だと思っています。

しばらくは疲れ切っていますから、一人で知らない場所に外出 はしないでしょうけれど、又、何でも良いのです。映画が見たいとか、あの店の何々が食べてみたいとか、そういう些細な事で構わないので、時に、一人で外出が出来るようになったら、本人の世界は広がります。
途中で帰ってきちゃっても良いんです。

主治医殿に是非、報告する様に勧めました。
「出かけたけれど、倒れてしまい、目的は果たせず、周りの方々に迷惑をかけた」ではないのです。
「結果、倒れてしまったけれど、行きたいと思って、自分で行って、薬がなくて不安になったけれど、なんとか我慢して、倒れたけれども、自力でタクシーを使って、自宅まで無事にたどり着きました。」なんですよ。

それを主治医に誇って伝えなさい と先ほど話をちょっとして、本人は疲れ果てていますから、とにかく夕食後と就寝前の薬はすべて飲んでしまって、途中で覚めても構わないから、寝る様に勧めました。
今は眠っているかは知りませんが、ベッドで横になっています。

確かに、無理なのに一人で出かけて、薬も忘れて、結局倒れて、何も学習にならず、電車で帰れなくて、無駄なお金を使って、タクシーで帰ってきた と言ってしまえばそれまでですが、そう言っては、精神的な難しさのある人たちには、踏んだり蹴ったりです。

良くなってから、等と言っていては、いつまで経っても、良くはならないのです。
辛さを感じながら、でも、少しずつ、自分が普段なかなか出来ない事に、時には挑戦してみる事で、だんだん慣れていくのです。
おりしも、月曜日から、精神病院のワーカーさんが、本人が少しでも歩ける様に、訪問で来てくださいます。次の月曜日は無理しなくて構いません。担当さんは、看護師さんと精神保健福祉士の方々ですから、医療職の方々です。

サービスは目いっぱい使って良いので、少しでも早く、本人が楽になるのが一番だ と私は考えています。

だから、本日は目いっぱい褒めました。
私はボランティア先から帰れない事を知っていますから、SOSも来ませんでした。
さぞ、大変だったろうな と思います。

けれど、次に何かをしたいと思った時に「だから、無理をして勝手に一人で出かけなければよいんだ」などと私がぶつぶつ言うのと、褒めるのでは、何かが本人にとって、違うんじゃないかな と思うことでありました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック