bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自動車の表示の話
自動車に、国際身体障害者マーク、いわゆる車椅子マークをつけている方、良く見掛けますね。


日本政府?何とかして下さい、といつも思うのですが、あの、青地に白で車椅子の描いてあるマークは、国際的には、共通マークですが、日本の国の中では、誰が付けても良い、法的な規制が一切ない、民間のシールと同じ扱いなんです。


車に貼付するのに、法的な制限はありません。極端な話、健康で、何ら制限のない、元気な方が付けても、全く構いません。


一般的には、高齢者の方が乗る事が多いとか、ご病気の方を乗せて、もっぱら、病院に通院するのに使っている、とか、社会福祉法人等の介護関連の送迎車、とか、の方々が貼付なさって構いません。


弱者マーク、の意味合いですね。法的な規制の枠外です。


まあ、日本の歴史で、障害者と言えば、見て判る身体障害者しか浮かばない方、沢山おいでなので、仕方無い事なのですよ。


四つ葉のクローバーマークと言うのがあります。青地に白で、四つ葉のクローバーが描いてあります。


こちらのマークは、規制の対象です。道路交通法だと思うけど。

車の改造、補助具がないと、運転が出来ない、身体障害者は、その旨、免許証に記載があります。メガネ等、の欄です。

メガネは関係ないですが、自動車を運転する際に、そのままでは運転出来ない身体障害者には、四つ葉のクローバーマークの貼付義務があります。


初心者マークと同じで、貼付していないと、取締の対象になります。逆に、そのままで自動車が運転出来る人が貼付しても、取締を受けます。


上記2つから。


障害者で、車を運転する人か、自分では運転出来ない為、家族等が運転する車、は、貼付出来る、法的根拠のあるマークが存在しないのですよ。

駐車禁止取締除外票、は、詳しくは知りませんが、身体障害者が、自ら運転する車両、又は、身体障害者、知的障害者の為に、もっぱら使用する車両、には、警察署で発行してくれます。

駐車禁止の道路に、買い物等で、遠く迄歩けない、知的な障害が重く、電車等のみで移動が難しい方の為の車両を駐車しても、除外票を掲示すれば、駐車違反の取締は受けません。


ちなみに、私が知る範囲では、精神障害のある方には、発行されないと思います。一級の方には出ますが、二級、三級の方には出ません。


何故か?ですか?


精神障害者は、身体は全く健康で、四肢には一切障害がない、から、だそうです。


運転出来る方そのものが、非常に少ないのですが、精神障害者の方の為に、もっぱら利用する車両、は、除外票が出ません。


弱者マークは、弱者マークで、別に普及させてくれないものか、と、いつも思います。


車椅子マーク付けても、意味合いがありません。私の車は付けてもいません。


私は運転は出来ますが、妻は到底無理ですし、走行中に、嫌がらせ的に、無茶苦茶な割り込み等する車に、文句も言えない訳です。


先に、思いやり=大嫌いな言葉です、のマークを、国際身体障害者マークじゃないマークにしてくれると、かなり助かります。



走っていて、乗り降りの時、駐車場の中、で、本当に不自由します。車椅子駐車スペースも、あれは道路の上にある訳ではありませんから、民間の思いやり?お節介?でしかないのであります。

優先席と同じで、ただ面倒くさいだけの、元気なハツラツとした方々が乗車している車両が、勝手に駐車しても、全く効力がないのです。


妻は、私より足元危ないですが、精神障害者なので、保護の対象外ですから。私が歩けても、妻は無理、は、日常です。


車椅子マークの駐車スペースに、徐外指定車が駐車していると。私は必ず、徐票が掲示されているか、見ますけれど。


居酒屋で、バブルの後あたりから?偽物の駐車禁止取締除外票が一枚10000円くらいで、飲酒をした運転者に販売された過去もありますし。


身体障害者だけが、特権を得るべきだ、と言う話じゃないんですよ。

補助具使用の方々には、法的な効力があるマークがありますが、その他の障害者にはありません。

車椅子マークは、警察は推奨していません。その他の障害者が貼付しても、推奨されていませんから、配慮は特にないんです。

推奨されていないマークを貼付したくないですよね。


方や、車椅子マークのある、郊外の店の駐車スペースは、弱者の方々が駐車しているとは、限りません。

事実、面倒くさい人達が、かなり駐車しています。面倒くさいのは、健康な人も、弱者も、障害者も同じです。

面倒くさいだけで、身体は大変健康、と言う方々は、台車を借りて頂くとか、配送サービスをご利用願うとか、お願い出来ると助かります。



それよりまず、走行中に、運転等に、補助具は要らないが、困難がある障害者が、乗車している場合に、法的な根拠を持って使える、貼付マークが欲しいですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック