bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



手話サークルの見学
社会福祉協議会、と言う所は、多分、社会保険庁の管轄かな?と思いますが、実は良く知りません。

市役所等の職員さん、ではない、と思いますが、国家公務員でも無さそうですよね。障害者福祉課と連携していたりしますけど。

ボランティアセンターは、当自治体では、社協にあります。

全身性障害の方の、放課後活動のNPO団体で、ボランティアを始めたので、社協にボランティア保険加入の手続きに行ったんです。しばらく前に。


折角失業中です。
障害者支援の介護屋なんですから、知的障害だけでなく、色々な障害のある方の為に、必要な事を、経験してみたいではありませんか!

で、社協で、手話が習えるボランティア団体はありますか?と聞いてみたら、ありました。二ヶ所。

そのうちの1つの見学に行って来ました。夜なんです。そちらは。もう1つは、昼間ですって。


とても楽しかったです。年齢が近い人が多かったせいもあるかも。女性がほとんどでしたが、男性もおいでです。私より若い方もいるみたいです。


今日、加入を決めた訳ではないのですが、何回か見せて貰って、加入するかも知れません。


手話学校もあるかも知れませんが、教科書と机と講師で勉強!と言うのは、私は好みません。


だって、生きてないもの。通じるかどうか、判りませんし。


学校で習った英語と似てると思うのです。

私は、今は海外旅行もしませんから、鈍っていますけど、ジャンクですが、旅行程度なら、英語は喋れます。英検の2級もありますが、これは高校生の時に取ったもの。これでは喋れません。

ジャンクでも少しは喋れるのは、思春期の頃、ごく数年ですが、アメリカの方の個人の英語教室に通ったからじゃないかな、と、今は思います。


耳で聞いた発音ですから。その代わり、読み書きは出来ないです。妻は逆で、仕事柄、読むのは何とか読める様です。コンピューター屋でしたから、サイトが英文、は、良くあるそうで。


手話学校じゃなくて、ボランティア団体を探したのは、同じ理屈です。

全身性障害の方の、放課後活動の、ボランティアをしよう、と、最終的に決めたのも、言葉は悪いですが、現物を触らないと判らないからですね。

全身性障害の方の大人の方、は、知っています。麻痺や硬縮のある方、沢山おいでです。


生まれながらに、麻痺、硬縮している方、いるやら、いないやら、知りません。

放課後活動の、ボランティア先には、座位も取れないけれど、身体は柔らかく、ゴロゴロ自由に動ける学童の方ばかりです。


知らない事は、障害者の方メインの介護屋でも、住み分けになっていて、お互いを知らないのですよね。


手話通訳者になろう、と言う訳じゃないんです。
街中で、お互い様ではありませんか。
知的障害のある方で、聞こえにくい為、手話の様なもの、を使う方もありますし。多少で良いから、出来たら便利でしょう。



しかし。

はた!と、気づきました。妻は私が見極めて、ある程度介護したり、サービスを入れたり出来ますから、支援者の方との輪の様なもなは、少しはあります。

患者の会みたいなので、政治運動する訳じゃありませんが、患者仲間は、少しはあるようです。


私は支援者ですから、支援者の輪は、少しはあります。自分は支援を受けるつもりもないし、運動をするつもりもないので、同じ障害を持つ知人、の類いはいないですね。


欲しい訳じゃありませんが、変な事に気づいた、見学でした。


成人病としての、心臓病患者の方は沢山いますが、私の様に、先天性の弁膜症からの、内部障害者、は、統計的には、やや少ないらしいです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック