bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



声掛けた方が良かったかな
バザーの後、私は友人と約束があり、電車にとことこ乗って、数人で、夕食をして来ました。


みな、酒は飲まない、飲めないばっかりで、旧交を温めて、それぞれ、日付が変わらぬ程度の時間に、解散でした。


私の住まいのある駅は、私鉄の枝線です。郊外の枝線です。

終電は、日付が変わる前に終わります。


それは関係ないのですが、本線に乗車中、座席が空いたので、座りました。

隣の方が、振り袖をお召しの若いお嬢さんでした。結婚式に招かれたのかな?

引き出物がお手元になかったけれど、とにかく、振り袖姿のお嬢さんがお隣だったんです。


振り袖、疲れたんじゃないかな、と、察しますが、一番隅の座席で、手すりに寄り掛かる感じで、丸くなって、眠っている様に見えました。


私が乗り換えした駅は、終点ではありませんが、かなりもう、郊外でも田舎の方なんです。


振り袖で終点迄行っちゃったら、エライ気の毒ですよね。


でも、完全に眠っておいでかは、解らないですし、若いお嬢さん、お酒でも召し上がっていたら、起きないかも知れませんし、私はオジサンだし、やや極道顔をしていますし。


悩みますよね。
声を掛けるべきかどうか。

昼間、間違いなく終点で、つい眠ってしまった時等に、声を掛けて下さる方があると、大変ありがたいです。

何故か疲れやすくなってしまい、行きは、乗り換え駅を1つ通り越してしまったのでした。

昨日の私です。

深夜に遥か彼方迄、乗り越ししてしまったら、帰り道に困るだろうな、と思いつつ、やっぱり、若いお嬢さんに、眠っておいでの確証もなく、終点でもないのに、声は掛けられませんでした。


もっとも、私が乗り換えた先にも、少し栄えた駅もあるし、別路線に乗り入れもしているので、山の中な訳じゃないですよ。

自分が酒が飲めませんし、正装してお呼ばれ、等と言う事がまず無いので。


次のターミナル駅で、普通に帰宅なさったかな。


男は、紋付き袴等、滅多に着るものじゃないですから。

私たち夫婦は、結婚式はしていませんし、お悔やみなら、背広で済むし、普段、背広が不要な商売ですから、なんだか、お嬢さんが眠っているのか、もたれておいでなだけなのか、1人でヤキモキしてしまいました。


うろんですよね。

声掛けなくて、大丈夫だったでしょう。子でも居れば、親の気持ちも解ると思いますが、私には子は居ないので、ますますヤキモキしてしまったのでした。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック