bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



福祉バザーへ
このところ、家内も具合が悪いのに、あちこち医者に行かねばならず、心ならずも、結構、頭も体力も使っています。


昼頃起きて、家内の部屋を覗きに行くと。我が家はお互いの居室兼寝室は、別々です。どうもはっきりしません。


息が苦しくて、どうにもならず、デパスを飲んだところだ、と言う事の様です。
本日は、自宅から15分くらいの場所で、福祉バザーがありました。社会福祉協議会やら、障害者福祉課やら、福祉会館等が、密集している所です。


バザーは、日用品、衣類等を一番乗りで、大量に安く買う場所、と言うのも、正しいと思うんですよ。

お子さんが小さい方等は、すぐ着られなくなる衣類、一々新品では買えません。
趣味の手芸品や工芸品を作る方等も、専門店のブランド材料だけでは、気軽に作れませんから、バザー等で半端品で出ているものを工夫されて、と言う方もおいでになります。


余りにも、ガツガツされると、ちょっと品がないですが。バザーとバーゲンは違いますからね。


歩けそうなら、妻を連れて行こうか、と思っていたのです。無理そうかな、と思いました。

そうしたら、ぼろぼろになっている妻が、行きますか、と言います。動いて、疲れて、ぐっすり眠って、と思ったのでしょう。

支度をして外に出ると、もう足元が怪しいです。現地迄歩けるか聞くと、無理らしい。実質的には、結構歩いたのですが、目的地があって、どうしてもそこ迄歩かないと、どうにもならない状態にすると、不安になるのでしょう。途中で過呼吸でも起こしてくれると厄介ですから、バス停1つをバスに乗りました。

空腹だと言う事で、東日本大震災被災地の出身の方々が、県人会をしておいでですから、そこでスナックを買ったり、軽食を買ったり、障害者作業所で、クッキーを買ったりして、昼食にしました。

私は地域の福祉団体さんを回って、挨拶したり、説明ん聞いたり、少しは作業品を買ったりしました。


私が回っている間は、家内は休憩所のパイプ椅子で、休ませました。



作業品って難しいんですよね。身障の作業所等の作業所は、小物が多く、質もまあまあです。
知的の方々の所は、単純作業は、利用者さんがなさっても、仕上げるのは職員さんです。


仕入れと販路がないと、障害者の方々が作ったので、と言う理由だけでは、販路は開けません。

一般の流通に乗るものでないと、採算性が全くない事になります。


そんな事を思いながら、作業品も幾つか買いました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック