bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



妻の精神科通院、その後
私は滅多に妻を精神病院には送りません。タクシーで自力で行って貰います。

車は車ですが、タクシーさんは、拾うか呼ぶかして、行き先を告げて、と、多少手間が掛かります。お金も掛かります。

少しは負荷がないと、改善しません。

昼間の様子を見ていると、何とか、昨日通院せずに済むかな、と感じ、余程本人に、止めようか?と言おうかな、と思いましたが、少しは楽をさせてやりたい、と思い直し、少し早く出て、途中に、ちょっとした珈琲専門店があるので、そこに寄り、病院迄送りました。

自立支援医療と言うか、精神科の医療と言うかに、地域支援室からの、精神保健福祉師、又は、看護師の、訪問支援、と言うのがある、と、私が1ヶ月くらい前に、初めて知りましてね。
妻は悪循環の中に居て、自分で散歩や家事等で動けば、例え1日15分でも、かなり代謝の改善が予想出来るのです。

ヘルパー事業所さんのヘルパーさん、サービス提供責任者の方は、介護職ですね。グレーだったら、押さずに引くのが原則です。又、そうでないと、お互いが困ります。


なので、フリータイムで、歩く為に来て下さっている、サービス提供責任者の方も、私が居て、本人を乗せて置けば、私が責任取りますから、妻は外出して、喫茶店に行くとか、買い物をするとか、が出来る時がありますが、私が居て、責任取れる状態で無ければ、なかなか無理には出来ません。

地域支援室の訪問をして下さるのは、基本的に医療職の方で、健康保険の枠でのサービスです。

何とか利用させて貰って、歩かせたいのです。


どうせ行くなら、私がどう相談したら良いか、聞いて来よう、とも思いました。
受付で質問してみると、窓口の方が、地域支援室のワーカーさんのトップの方を呼んで下さいました。

少しの時間で説明して下さり、案内を印刷した紙を下さいました。

主治医の許可が必要ですから、その紙を本人に持たせて、診察室に行って貰いました。


紙には、少しですが、余白がありまして。そこに、この1週間の、妻の様子を端的にメモをして、渡したのです。

先週はぼろぼろでしたから、その様子を記し、一昨日、昨日は、やや改善が見られたので、それを記入して。

妻が訪問を利用してはどうか、と、夫が勧め、ワーカーさんのトップの方に、説明も聞いた事を伝えたようです。


本人は辛いでしょうが、峠は越えた、と私は感じていましたら、主治医殿も同じ様な判断だったらしく、ほんの少量のデパスを頓服で出して下さっただけで、訪問については、トップの方と相談されるそうでした。

本人はデパスの2ミリが、大量に欲しいんです。すぐ効いてすぐ切れる薬です。依存性が高く、入院前は、外来専門のクリニックさんで、大量に頂いていました。

依存性の為、処方制限を越えて飲む事もしばしばあったようです。

根本的な解決にはならない薬で、依存性が高い、となれば、入院迄した患者には、医師は処方しません。在宅で何とかなるから、余計な薬なんです。

薬の効果も、人によって違う様で、私は睡眠薬代わりに飲んだ時もありますが、すぐ楽になり、すぐ切れて、又、すぐ飲みたくなる、と言うタイプじゃないみたい。

妻は、瞬時に楽になる、欲しくてたまらない薬の様子です。

依存してしまい、1日に何錠飲むか判らないので、ごくごく少量です。


もっともっと沢山欲しかった様子ですが、それは困ります。

主治医としては、出したくないでしょう。散々叱られて、依存から抜けるのが、妻の状態なら、今は不要と判断なさった様です。


さて。

どうなりますやら。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック