bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ボランティア
ボランティアさんを、11月から始める事にした訳ですが。

ボランティアって、なんだろうな、と、介護屋を15年近くやっていて、良く思います。

今は、会社の就業規則で、ボランティア休暇を認めるところもありますね。

阪神淡路大震災、東日本大震災、様々な災害時に、ボランティアさんが、多数参加されます。私の住まう自治体でも、定期的に、チーム○○と名付けて、現地にボランティア派遣を続けています。

災害時のボランティア、と言っても、現地ニーズは様々ですから、殺到する物資や、ボランティアさんの受け入れに、戸惑う現地さんもあります。

阪神淡路大震災の時の、負の遺産は、国が、大規模災害時は、ボランティアと称して、タダ働きの労働者を大量に確保出来る、と、確信してしまった事でしょうか。

東日本大震災の教訓は、情熱の赴くまま、1人で強行軍で、準備も揃わないのに、勝手に現地に入り、結局何も成果を挙げられず、自己が満足して、現地には、お荷物になっているのに、気付かぬ人が、沢山おいででした。


マスコミは、大きな避難所で、視聴者に衝撃を与える様な切り口でしか、メディアで流しません。


ボランティアって、昔で言えば、隣組的な役割を果たします。

相互助け合いですよね。



じゃ。


ボランティアとは、私の中で、なんだろう?


何回行けるか判りませんが、一応、自立支援法ニーズの介護屋ですから、猫の手にはなるでしょう。

私への利益は何か、と言うと、介護屋として、引き出しの数か、幅か、奥行きが増える、と言う事かな、と感じます。


現場の介護屋は、現場に出ていなければ、勘が鈍ります。今回、しばらくお世話になるところは、最初は、知的障害がおありの子供さんの、要するに、学童保育かな、と思いましたら、全身性障害の方がメインでした。


現場の介護屋は、研修会や、セミナーで机の勉強をするなら、実習に行く方が良い、と、私は思うのです。

実際の方々に接して初めて、疑問に思い、戸惑い、何とか出来る様になっていくのだ、と考えます。

理屈は後から付いて来ます。

理屈が解っても、実際の方々は、生身の人間ですから、教科書通りにはいきません。


勿論、理屈、理論は知っている方が良いに決まっていますから、どちらから入るか、でしょうか。


ボランティアに行く事で、必要とされる方々が助かり、私にも利益がある。


こういう事が成立するのが、ボランティアじゃないかな、と思うのです。


災害時ボランティアに行けば、現地の被災した方々が助かり、行かれた方は、災害の酷さを見て、災害時に困る事を共有し、自宅に帰って、自分が被災した時の事を考え、何かを得るのですね。


だから、単身、情熱で準備もなく、勝手に現地に行き、現地の利益を作れず、自分は勝手に満足して帰ってきて、他人事で終わってしまったら、ボランティアじゃないと思います。

英雄気取り、かな?
行った後に、準備不足で、自分が困った事や、現地でどれだけ活躍したか、吹聴する人がもし、いれば、ただの迷惑でしかない、と思うのです。


皆様は如何でしょうか。




全く関係ありませんが。
本日、床屋さんにきて、喫茶店で今、お茶を飲んでいます。

この日記を書いているうちに、猛烈に眠くなり。
気づくと、30分程、下を向いて、うとうとしてしまいました。


失業しているのに、何でこんに疲れるのでしょう。


困りますね。


ついでに、パソコンが一昨日壊れまして。妻が、在庫になっていた、タイプは古いが、私の遊びのパソコンなら十分、と言うのを、私のデータ等を移して、使える様にしてくれています。
妻はシステムエンジニアさんをまとめる、マネージャーでした。プログラマーさんや、普通のエンジニアさんは、作業をされますね。
妻は加えて、マネジメントをしていたので、私のパソコンくらいは、朝飯前です。

パソコンをいじっている時の妻は、イキイキとしています。

状態は著しく悪いので、休み休みですし、明日は臨時で精神病院に連れていきます。

凄く消耗すると思いますが、出来る事、好きな事はした方が良いです。

私がパソコンが使えるようになれば、達成感も出て来ますしね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック