bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ボランティア団体さんで、頂いた書類
ボランティアに行こうとお邪魔した団体さんで、訪問してすぐに、四枚綴りの書類を頂きました。

昨年、NPO法人にしたばかり。任意団体としての歴史は30年あります。小さい小さい団体さんで、当初から関わって来られた、当時、身体障害のあるお子さんを育てていただろう、お母様たる方が、ごく数名。

後の方は、非常勤かアルバイトで、常勤職員さんは居ません。

利用者さんは、22名との事。本当に小さいです。団体さんに、専従の方は居ませんから、常時、勤務場所にいる職員さんは、とても10人は居ません。


労働基準法では、専従の職員、勤務者が、その部署に10人居ない場合は、その部署には就業規則を作らなくても構わない事になっています。

個人商店等を想定しているんじゃないか、と思います。私の親は法律屋で、二人くらいの方を雇っていましたが、就業規則は多分なかったでしょう。

福利厚生もありませんでした。



が。ご時世も変わりましたね。

頂いた書類は、非常勤、アルバイトの方への就業規則と、ボランティアに対するルールを定めたものでした。


勿論、簡単な者でしたが、最低限の事は、関わる支援者に判る様に書いてあります。

ボランティアも有償でした。交通費程度が出るそうです。一回、何時間でも、千円で、交通費に使って余っても返還しなくて良いそうです。


こちら様、そこだけで食べて行ける団体さんではなく、志のある方が、空いた時間を工面して、何とか回している様子でありました。


散々イヤな思いをした、当方から契約解除した団体さんは、資本金1億ですが、労働条件を明示した雇用契約書と、就業規則がなかったのですよ。

失礼して来て、正解だったと感じています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック