bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ボランティア
仕事のスキルは、私は安売りしないので、ボランティアと言う美名の、タダ働きはしません。


勤務先等で、何かの構想とか、イベント等の為に、休日潰して、タダ働き、は、絶対しないんです。
又は、私の支援のスキルを使うのに、ボランティアと言う名前で、タダ働きもしません。

私は自分のスキルには、一定の自負と、誇りを持っています。


自立支援法の枠で、地域日常生活支援、入所じゃなくて、在宅か、ケアホームにお住まいの方対象。利用者さんは、知的障害がおありの方。


等と言うと、ほとんど募集がないんです。高齢者の方の施設介護の仕事は、山程ありますが、入所施設迄、対象に含めても、片手の指で足りる程しか、職安に求人がありません。


たまに見つけると、最低賃金で、小遣い程度、か、常勤職員さんで、まず、国家資格がないとダメ、でもまあまあの給与、の両極端なんですね。


節税パートさんくらいの収入で、雇用保険だけ付けば良い、と言う様なニーズは無いですよね。普通。

現場の介護屋の経験はまあまあある、だけど、国家資格はない。本人が身体障害者で、最重度。妻も寝たきりの障害者、なんて言うのを雇わなくても、資格を持った若い方が幾らでも、応募なさるでしょう。


社会福祉協議会に、ボランティアセンターがあります。募集する団体等と、したい人との仲介迄はしていなくて、登録したボランティア希望者に、ボランティアセンター便りを郵送するだけ、ですが、一応あります。

ボランティアセンター便りは、市役所関係の役所には、ラックで埃を被っていますけど、必ず置いてあるんです。


先日、家内の自立支援医療、精神科通院公費負担制度の更新をしたので、市役所周辺を、うろうろしたんです。


で、ボランティアセンター便りを何気無く、貰って来たんです。



その中に、たまたま障害のある児童の為の、学童保育、みたいな所がありました。

とりあえず電話してみると、悪い事は出来ないもので、長くお世話になった事業所さんの利用者さんのお母さん、が、そこの活動の少なからずを支えておいででした。


成人の利用者さんへの支援は、プロとして普通に出来ますが、子供さんは、した事がありません。


すっかり知的障害のある子供さんの為の、小さな団体さん、と信じ込んで、昨日伺ってみたら。


先天性、又は、幼少期の重い疾病の重大な後遺症等で、身体障害がある、と言う利用者さんの為の学童保育みたいな所でした。


ギブ&テイクなら、ボランティアは研修になります。やった事がない事を、実習費用無しで、体験出来るのは、助かります。


もう、全然判らないですが、何となく、周りの方々に習って、それなりに子供さんに接してみると。

様々自分が知らない事、知らない事に気付かなかった事、等に、気付きました。


折角のご縁で、主催者の方も、大丈夫と思うので、良かったら、定期的に来てくれますか?

と言って下さいましたので、とにかくしばらく、週に二回、お邪魔する事にしました。


有償ボランティアですが、アルバイトではないので、一回行くと、千円です。交通費くらいは、と言う事の様です。


職安には、ボランティアをした日は、働いたではなくて、ボランティアをした旨の申告をする様に、指導されていますから、明日が認定日ですが、その様に申告して来ます。


同じ身体障害者でも、子供さんと大人は全然違います。

脳が何らかの損傷を受けている為に、身体がうまく機能しない人と、私の様な内部障害者も違います。


勉強させて貰おうと思っています。


昨日、初めて知ったのですが、身体障害者には、移動支援サービス、が、設定されていないそうです。


知的障害併発で、知的障害が重い方は、知的障害者と考えて、身体障害併発、としているそうです。


え〜?


身体障害者、1人で出掛ける事が基本なの?


実際は、何を転用しているか判りませんが、移動支援サービスを使う方は、沢山おいでです。


何かの拡大解釈とか、自治体レベルの運用とか、で、国が費用負担しないで良い様になっているのでしょうかね?


身体障害者は、3大障害の中で。一番サービスが充実していますが。


国や役人が考える事は、良く判らない事が多いですね。


私も使えないでしょう。当自治体の運用では、私は非該当になってしまうので。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック