bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



尿閉かと思いました。
いつも寝た切りが当たり前の家内ですが、夏の初めころから、かなり体調を崩しています。

10月10日に精神科で倒れたばかりですが…


本日、15時頃です。
狂乱寸前の様な声で、『お医者さんに行ってくる!』と叫びましてね。
私もやや不調で、本日は、寝てました。
様子が明らかにおかしいので、聞いてみると、『午前3時~全く尿が出ない』と言っています。

今度は膀胱ですか…

とびおきまして、とにかく出掛けようとするのを止めて。

泌尿器科を探しました。
うちの近所、大きな病院さんの泌尿器科って、曜日が決まっていて、泌尿器科専門医がいない事が多いんです。

腹を触ってみると、確かに膀胱のあたりが、緊張しています。膨らんでいると言うか、パンパンです。
尿閉だと思ったんですよ。

尿閉って、要するに、膀胱に尿が溜まっているが、何らかの原因に寄って、排尿困難症になり、それが進んで、全く排尿できなくなる状態 と言えばいいのかな?

要するにおしっこが出せない状態です。


で、あちこち、病院さんを聞いて回って、『導尿だけでも、出来ますか?』と質問しましてね。

導尿って、尿道にカテーテル管を入れて、大きな注射器の様な物で、引くんです。
完全尿閉でなければ、カテーテル管を入れただけで、反応して、尿が出る事もあります。


なんで知的障害の方の介護屋がこんな事を知っているか と言うと、留置バルンカテーテルと言いますが、自力で排尿が出来ない身体障害者(全身麻痺のご老体でした。男性です。)の方のお宅に、ヘルパーとして、伺っていた事があるので、少しだけ知識があるんです。ほんの少しです。


幸い、大きな病院さんの地域支援室の様な所で、近隣に受け入れ医院がないか調べて下さる部署がありました。(そこでは受け入れ不可でしたけど、調べて頂けました。)3つ、泌尿器科の情報を頂きました。

そのうち、一か所は、わが家から、私が歩けば、5分ほどの場所です。
本人(家内)は、ボロボロの状態にいるので、(精神的に、又、肉体的に)歩かせるのは無理そうです。

そちらの個人医院さんに電話をした所、18時まで、通常診療を行っているとの事で、車を回して、連れて行きました。


こちらが思わぬ収穫でして、泌尿器科の専門医の個人医院でした。
患者さんは、高齢の男性ばかりが入れ替わり立ち替わりおいでになります。
そんなに混んでいません。
予約も必要ないです。
昭和30年代の様な見た目の医院さんでした。

私が家内の症状を申し述べると、エコーで膀胱の中を見て下さいました。
尿、ほとんど無かったんです。
医院さんに着いてから、『どうせ出ないけど、どうしても手洗いに行きたい』と言うので、行かせると、まあ、コップ一杯くらい(音で判る。イヤですね。介護屋は。)は正常な感じで出たようです。


本人は、『午前3時~全く出ない、何度も手洗いに行ったけれど、ほんの数滴しか出ない』と訴えていたのですが、どうもそうではなかったようです。
本人は朦朧としておりますし、尿が出ない で、凝り固まっていたので、全く出ていない様に感じた様ですが、膀胱内に残っていないと言う事は、ある程度の量は手洗いで出ており、最後に、泌尿器科さんに着いたら、安心して、300くらいでしょうか?は出た様でした。


導尿して頂いたのですが、勿論、膀胱内にほとんどないので、引いても出ませんよね。


で、その導尿した尿を、医師の方が、顕微鏡で見て下さいましたら。


白血球が!白血球が!白血球が!
佃煮に出来る程、うようよといたのであります。


つまり、一時的な膀胱炎。


もう、全く!

尿閉の酷いのだと、実は膀胱が破裂したら、命にかかわるのですが…
時間から考えて、家内の言うとおりだったとしても、12時間。
急性尿閉だったとしても、12時間なら、破裂はしません。結構膀胱って、伸びるんです。
もしくは、普段、尿漏れは年齢的にあるのですが、出にくいと言う事はないので、一時的に出にくくなっても、膀胱がいっぱいになれば、まあ、失禁するくらいで、膀胱には何事ない筈です。


と言う訳で、15時~病院さん探して、16時半頃?見つかって、受診して、17時には、近所の薬局さんで、抗菌剤を頂いて、そのまま、ユニクロに強制的に連れて行きました。


ちなみに、『クラビットの250』です。5日間飲み切り。

あのね。

色々原因が絡まっているので、説明しきれませんが、精神障害の状態が悪くなったことで、体の循環が悪くなるんですね。そうすると、浮腫(むくみ)が出たりして、歩けなくなります。そして、最初に戻って、更に循環が悪くなるので、結果として、短期間に異常な体重増加します。

3カ月で、10キロちょっと。
デブ芸人さんは、元気な太り方ですが、こういう太り方は、ぶよぶよした太り方になります。


夏物1枚しか、履けるズボンが無くなっているんです。

もう出たついでですから、マクドナルドでとにかく物を食べさせて、(何も食べていないんですよ。こういう時は。動ける訳ないです。)ユニクロまで、強制送還。


係員の方にお願いして、サイズを測って頂き、色違いで、4本ズボンを買って(私が出すのですが、私の財布の中、ほんとに187円しか入っていなくて、使う事のないクレジットカードでお支払い♪)、あれこれして、20時半頃帰宅しました。



ふぅ。


承知で一緒になっているので、全く構わないのですが、本人は必死ですし。



実は尿閉はしていなかったけれど、本人の中では、パニック状態になっている訳ですから、真実なんですね。「おしっこが全く出ない」と言う事は。
本当は、本人はふらふらしているし、膀胱の中はほぼ空っぽな状態で、犯人は、膀胱炎だった訳ですが、本人は、「おしっこが出ない。尿意で震えるほどなのに、一滴も出ない。」と言う事になっちゃうわけです。


介護屋の亭主は便利ですが、本人はしんどいでしょうね。
風呂に入れて(普段入りたがりません。億劫みたい)、水飲ませて、寝かせましたです。

明日は精神科の通院の予約があります(家内が です)。精神科の医師には、本日、受診する必要があるか、私が連絡を入れましたので、本人が、『膀胱炎だった』と説明するでしょう。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック