bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



我が家の利用者
我が家にも、利用者がいますよね。

厳密に言えば、私も利用者になれますが、妻は、現在、かなりサービスを使っている、利用者です。


日記ごとのアクセスの数、その日の検索ワードは、私は見る事が出来ます。どなたのアクセスかは、判りません。コメント等頂いても、メールアドレス等は、一切判らない仕組みのブログです。


更新をすると、アクセスして下さる方が増える?様子なので、こんな僻地のブログを見て下さる方がおいでなのだと思います。


時々、精神障害、精神疾患、精神薬、等の検索ワードで来て下さる方があります。


妻は、精神障害による、障害程度区分の調査、認定を、こちらから障害者福祉課に依頼して、障害程度区分2を取りました。


どのサービスをどのくらい使いたいか、が、まずある訳ですね。妻の場合は、家事援助です。種類は、居宅介護、居宅支援、又は、援助になります。


家事援助だから、援助又は支援かな?


居宅支援を使いたい場合は、家事援助系統か、通院介助か、どちらか1つしか選べません。


これは自立支援法に定められています。


半分ずつ、は出来ません。不可能な法律になっています。

妻は居宅支援で、家事援助を使っています。介護保険の相場を知りませんが、月に10時間、です。

たったの10時間しか取れません。それでも、私が最重度の身体障害者、本人は入院経験あり、退院して、寝た切りの状態、等、様々、難しい状況なのと、それを私が障害者福祉課に伝えるポイントが判りますから、サービスを提供して下さる団体さんは、精神障害で、こんなに沢山サービス受給が出来ている利用者さんは、初めて、と言います。


利用者さんが一人暮しだったりすると、サービスを受ける為に必要な書類が書けませんし、交渉、理解が出来ません。


まずは手帳がないと、自立支援法は使えませんが、手帳を取る書類なんぞ、ご本人が書けたら、手帳は要らないでしょう。


頑張って、手続きに行くと、門前払いもありそうな。

障害年金は。書類がもっと厄介です。取れなければ、生活保護しかありませんけれど、生活保護を受給したい方が増えているので、申請用紙を渡して貰えない方も居ます。

逆に、不正受給をしようと言う輩、現在、不正受給をしている輩は、色々知っていますから、まんまと受給する、なんて、本末転倒も山ほどあります。


こんな厄介な中で、家族や、支援者の居ない、精神障害者の方々は、サービスを使えているねか、疑問に思う事もあります。


月に10時間、と言うのは、週にすると、二回で、一回は90分、二回目は60分です。

5週めがあると、その分は増えたかな?


自立支援法で、精神障害者が取れる、制度上の支援時間は、もうこれ以上は、当自治体では無理です。

週に二回、一回は90分ずつ、家事援助に来て頂いていますから、月を4週としても、120分不足しますね。不足分は、書類上だけですが、会員制の自費の扱いにして頂いています。

自費ですと、全額自己負担になりますが、団体さんとしても、自立支援法の自己負担分は、介護保険と同じ、1割ですが、まさか10割取る訳にもいかないですから、9割分の、制度上の経費が、国から降りて来ないのですよ。


自費専門の団体さんもあります。制度上のサービス受給が出来ないけれど、サービスが必要な方々の為に、です。


妻は制度上のサービス受給が出来ていますから、自費専門の団体さんは使えないです。法的には使えますが、実質的には無理。


結果として、同じ団体さんの同じヘルパーさんが、60分の曜日は、30分延長で、自費に切り替えて、そのまま作業をして下さっています。

毎月2時間分が自費です。


フリータイム的な、自費のサービスの時間を、月に二回、60分ずつ使いますから、自費は合計で、4時間ですね。


両方足して、4時間です。

精神病院さんは遠いので、バス→電車→バス、で、本人が行くのは、かなり無理がありますので、大抵はタクシーです。往復で、一回5000円なので、交通費だけで10000円。これにはサービスは使っていません。hジョン人が、自分で何とか行きます。費用はかかりますが、自分で出来る事はした方が良いからね。



他に、国民健康保険の枠で、訪問マッサージさんが、毎週来て下さいますが、妻は、制度上は、重度でないので。精神科受診と、精神薬は無料ですが、その他は全部3割です。訪問マッサージには、自立支援法が使えないから、ですね。


私なら、一回300円ですが、妻は900円。


これでも、サービスは全然足りないんです。


精神病院さんに、地域支援センターみたいのがあり、自立支援法が使えると、先日初めて知りました。

使うには、病院さんと、相談して、よろしい、とならないとダメです。


来週あたり、病院さんに予約して、一緒に相談に行くつもりで居ます。


検索ワードで、時々見掛ける事がある言葉に、困ったな、と言うのがありましてね。


精神障害、暴れる。とか。
精神異常者、放火。とか。
実際にそういう事になったケースは私は見たことがないんです。


マスコミも、何かあると、容疑者には、精神病院の通院履歴20年、やら、睡眠薬を飲んでいた時がある、とか、煽り立てて、精神科の患者=、責任能力無し、なにをするか、わからないと書きますから、真実はなかなか、明らかにならないですね。


事件を起こすような事になるのは、精神障害者、異常者ではありません。


何故かと言うと、明白で、精神障害のある人、精神疾患が重い方が、パニック的な状況になる事は、勿論あるのですよ。しかし、そういう時は、事前に意図して、何か事件を起こそうと思い、周到に準備してと言う事が出来ないから、精神疾患が重いのであり、精神障害なので有ります。
ある種の精神障害をお持ちの方は、時に、ご本人は意図せず、様々なストレスなどから、爆発的な行動に出てしまう事もありますが…何かを意図して、害する事を予定していませんし、パニック的な状況の時の事は、覚えていません。

だから、無差別殺人等は、出来ないんです。
無差別殺人をするには、予め、刃物を用意したり、どこで、どんな風に暴れて、殺そう等と計画し、実行に移さねばなりません。
鉄砲が用意できる精神疾患の重い方、精神障害のある方、いません。
煙草を吸う方は非常に多いですが、ライター持っているだけで、そこらに火を付けて、大きな火事を起こせる判断能力がある状態の方は、火など付けませんし。

妻も、精神病院入院中、爆裂的な『躁転』をしましたけれどね。
本人は、その時は、色々理屈があって、ターゲットに向けて、他害の意志を持って、何かするんですよ。
するんですけど、病状が劣悪時ですから…(妻の場合は、試しに使ったある薬が躁転を誘因して、だったので、その薬を使った事が原因でした。以来、その薬は禁忌です)

物を投げたりするのですが、ふらふらな状態ですから、勿論、ターゲットになった患者さんは非常にイヤな思いをされたと思いますけど、入院中は、そういうのは、お互い様でして、その為に、常時看護師さんが沢山おいでになる訳です。事故は起こりません。又、その状態で退院させませんし。


なんで、事件が起こるたびに、『精神科に通院歴があり』とか『精神鑑定がどうこう』とか、世間の皆様が、『精神障害者がおこした猟奇殺人』とか言うんでしょうね?
理屈が分かっていれば、出来ない事は明白なんですけど。大変不思議な話だと、いつも思いつつ、『精神科通院歴がある○○容疑者の、精神鑑定が行われる』とかをニュースで聞いています。


怨み、つらみ、独善的な思いこみ等で、一時的に狂乱状態になる と言う事は、『正常な精神状態の健常者』が、ストレスを溜めに溜めこんでしまった時、等に起こる事はあります。
その方は、精神科に通院もしていませんし、過去に通院していた事があったとしても、精神科に通院した事がある人等は、掃いて捨てるほどいますので。

過去の通院がその方を、狂乱行動に向かわせた訳ではありません。
と、一時的な『心神耗弱』『心神喪失』の状態にあったかどうか、精神鑑定が行われる事はあるで3しょう。


判断能力、行動能力、いわゆる気力、体力の面で、精神障害のある人、精神疾患の重い人、が、事件を起こす事はないです。盗み癖みたいなものは多少ありましょうけれど、人さまの生命にかかわる様な事を、無差別に使用等と言う事は不能です。

愉快犯は、正常な精神の持ち主が、おかしな考えなどにとらわれて、何かしてしまうと言う事だろうと思います。


同様に、知的障害のある人 も、事件は起こせません。
その能力に欠如しているから ですね。
おかしなインターネット用語が出回っている事に、非常に怒りを覚えます。


障害者も健常者も、要するに人です。
同じ様な割合で、真面目で優しい人も、意地が悪くて、極悪非道な人もいます。
障害者には、『症状の固定』と言って、絶対にできない事、絶対に治らない事があるから、障害者。
私は、エベレストには、どんなに訓練しても登れません。
どんなに訓練しても、海で素潜りはできません。
自衛隊、警察官にもなれません。

とっても簡単な事なのですけれど、なんで、酷い事件が起こると、『精神障害者、知的障害者』って言うんでしょう?身体障害者にだって、極悪非道な人は、健常者と同じ割合でいます。身体障害者は、考える能力は阻害されていませんから、やろうと思えば、出来ない事はなんですけどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック