bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



理学療法に来ました
理学療法は、私の様に、現場仕事で、あちこち手術で切っていて、それほど体力、持久力はない、なんて言うのには、かなり有効なんです。


心臓切ってから、長年の不具合が一気に出た様な感じになりまして、しぶしぶ、近所の整形外科に行ったのが、始まりでした。


心臓切ったのが、2010年の夏ですから、2年と少しですね。

癒しとしての、マッサージ、整骨院さんの、柔道整復師の方、様々な方に、それまでお世話になりましたが、それは肩凝りくらいの自覚で、根本的な解決にはなりませんでした。

理学療法士さんは、今の方が二人目です。最初の方が、外来患者は取らない、入院専門の病院さんに、転職されたので、その方の先輩を紹介して貰ったんです。

今の方は、30代半ばくらいの、若い方で、男性です。最初の方は、お世話になっている時に、40歳の女性でした。


理学療法が合う患者って、どんな症状の患者だか、判りませんが、私には合いました。身体が複雑に歪んでいたそうで、今の方にかなり治して頂いています。


150日使うと、生涯、その疾病では、理学療法が受けられない決まりだそうで、120日で、一度止めて、90日くらいは、自分で何とかして。

痛みが再発しなければ、もう通わなくて良いですが、大抵私はダメで、又、お世話になる事が多いです。


手術で切っていると、必ず縫っていますから、皮膚の表面積が減りますよね?


心臓の悪い患者は、関連痛と呼ぶそうですが、左側が弱く、痛みを感じやすいそうで、元々はそれと、あとはキーパンチャーを長くしていたので、そんなのが原因で、痛みを感じる様になったのでしょうか。


ちなみに、理学療法は、治療であって、癒しではありませんから。

状態の悪い時に、何とかして頂くと、非常に痛いです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック