bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



チームワーク
何だか言葉が古いですね。


先日、最近良くやっている、神業外科医!みたいな番組を見ましてね。

順天堂大学付属病院だと思いますが、天野篤医師の取材をしていました。


オペ室に、素人のカメラマン(医療の専門でない)が入るのって、患者さんと、病院さんの許可貰うんだとは思いますけれど、迫力狙いすぎな感じはしますね。


オフポンプオペ、で、天皇陛下の冠動脈バイパスを執刀した方で有名になりましたね。


外科医ですから、心臓に関する手術は何でもこなされると思いますが、天皇陛下のオペをしてから、全国から患者さんが殺到しているそうです。


ふと、考えたのですよ。
幾ら優秀な外科医の方でも、検査室、様々な検査をする、下働きの医師や、検査技師の方、果ては、血液を採取する看護師の方迄、膨大な準備の下に、手術が可能になります。


勿論、神業外科医!の方々は、それを良くご承知の上で、奮闘されているだろうと思いますよ。


全国から患者さんが殺到した時、紹介状は、外科医宛てに来るのかな?

外科医の出番は、内科医の判断あってこそ、です。術後管理も、内科医です。

地道な内科医の管理があって、初めて、外科医の1日の活躍が脚光を浴びるのですが、外科医がタッチするのは、対その患者さん、と限定すれば、ごく短い期間でしかないんです。

外科医選びは、内科医がします。オペ室の掃除から、器具の洗浄、準備、片付け、果ては、手術着の洗濯迄、下働きがいなければ、華やかな外科医の活躍は出来ないんです。



そんな事を考えると、心臓に病を抱えていて、将来が余り明るくない方は、是非、循環器単科の病院さんを視野に入れて欲しいと思います。


冠動脈バイパス手術は、心臓そのものを切る事はありません。だから、オフポンプが出来るのです。


私の様な、先天性疾患者は、心臓の中が、おかしいんです。部品が正常じゃないんですね。


その管理には、40年近い、小児心臓血管内科の医師の、管理と判断がある訳ですね。

人工パーツに変えて、丸々2年が経ちました。実に様々な事が起こります。それをアフターサービスして下さるのも、私なら、小児心臓血管内科の医師の方です。


40年ですからね。最初にお世話になった医師は、小児の名医として、有名な方だった様ですが、私が40歳を回った頃、突然、冠動脈の詰まりが見つかり、すぐ手術なさって、成功したのに、病室で、別の血管が破裂して、亡くなられました。

今の主治医は、二人目です。昨年冬に、前立腺がんの手術をされ、そろそろ75歳近いんじゃないかな?後数年で。


今は非常勤扱いで、勤務されていますが、こういう医師の方々があり、掃除、洗濯迄含めた、山の様な、名もない人達が、1つ1つ役割を果たされて、初めて、生命が救われます。



でもね。


冠動脈バイパス手術は、成人病としての心臓病に特化されるものです。神業外科医!を探す前に、本当はやるべき事が、患者にはあるんでしょう。


私も現場の介護屋をせず、事務系サラリーマンだったら、手術が必要にはならなかったと、今は確信しています。


仕方ないんですけれど。


手術はしない方が、生活の質が保てます。これは、大きな手術を三回もして、身体のあちこちに、切って縫った為の不具合がどうしても管理し切れない私は、そう思っています。

切らないで済むくらいの管理はかなり大切なんだろう、と感じます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック