bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



相棒
水谷豊さんですね。

昨今稀な、化けた番組、と言うのは、皆さんご存知かと思います。

刑事ドラマで、シリーズ物で、これだけ毎週続く物は、アイドルさんを主役にした物を除けば、10年単位でなかったでしょう。


他界された、藤田誠さんの、はぐれ刑事シリーズくらいかな?

その少し前に、柴田恭平さんの、はみだし刑事純情派がありましたね。

その又前が、危ない刑事でしょうか。

更に遡ると、もう西部警察、太陽にほえろになっちゃいます。


私が、鷹山と言うのは、危ない刑事に出演された、舘ひろしさんの役名から、取りました。下の名前、確か、裕之さん、みたいな名前だったと思いますが、滅多に、名が出る事はなかったので、ちとはっきりしません。


相棒に戻りまして。

何故、長く続いているのかな?と考えると、続く要因があった様に思うのです。

夕方、16時からは、相棒の再放送が独壇場だそうです。家内が倒れた、先週の水曜日は、新シリーズの始まった日で、視聴率は、20%弱とか。


お化け番組ですね。


見ている人、多分、私の様に、水谷豊さんが、松田優作さんの添え物で、暴れまわる様な探偵物から始まって、熱中時代の刑事シリーズで、一躍売れて、歌を出して、の頃、見てる世代じゃないかと思うのです。

私は中学生?小学生?

水谷さんは、家内と同世代で、団塊の世代の少し後、遅れてきたヒッピー世代の最後の頃の方です。

私はもう少し下。家内の方が8歳年下ですから。


当時も、トップスター的に売れました。熱中時代の刑事シリーズの主題歌が、カリフォルニアコネクションです。

数年前に録音し直したアルバムは、当時と同じ曲をそのまま使っていますね。歌い方が当時と違いますが。


で、相棒が2時間ドラマだった頃、少し見た様な気がします。まだスタイルか確立されていない頃です。


杉下右京のキャラクターは、かなり練られて来ていて、いわばシャーロック ホームズだと思います。

杉下右京は慌てません。走りません。現場等では、丹念に証拠を探します。鉄砲も打ちません。


ワトソンくんが時々変わる事で、新鮮さもありますし。

もう少し続きそう
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック