bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



床屋さんに来ました
スキンヘッドではありませんが、かなりの短髪で、月に二回は、床屋さんに行きます。髭伸ばしていますが、髭も短くしていますから、自分でデザイン出来ない私は、床屋さん頼みです。

床屋さんは、もう25年は通っていると思います。私が通い始めた頃、床屋さんご夫婦は、今の私くらいの年齢だったでしょう。

ご夫婦は、少し前に、還暦を越えられました。ざっと40年やっておいでと伺いますから、半分くらいは、私、通っている訳ですね。



美容師、美容院と言う所が山程ありますが。

都会に行くと、若い美容師さんが、しょっちゅう入れ替わっている様な、大規模な店もありますね。


美容室でも、自宅でやっておいでの、地域のパーマ屋さんもあります。地域の奥様、おば様、おばあ様等が、長く通っておいでの様な店です。


昔は、地域には、自宅でしている床屋さんと、パーマ屋さんが、必ずあった物で、大人の男性は床屋さん、女性はパーマ屋さんに行きましたけれど。


今はそういう時代では無くなりました。


床屋さんは、10分カットの店が、大繁盛とも聞きます。


差別するつもりは全く無いのですが、技術は床屋さんの方が遥かに上に思えます。

理容師免許と、美容師免許は違いますし、比べるべきではないのだろう、とは知っていますし、美容師さんは、剃刀が使えないのも知っていますよ。


美容院って、髪を切る所と言うよりは、髪のデザイン?髪型の指南?をする所、の様な気がするのです。


そして、美容院はなんで、あんなに高いんでしょう?
なんで、美容師さんは、髪を切りながら、喋りまくるんでしょう?



長年通っている床屋さんですから、まあ、話もしますけどね。接客トークみたいな事は無いです。


地域の床屋さんで助かるのは、少々厄介なお客でも、可能な限り、対応して下さる事。


赤ん坊、幼児、小学生で低学年、障害者、高齢の方、凡そ、ちょっと気配りの必要なお客も、可能な限り、何とかしてくれます。


私の通う床屋さんも、そうですね。可能な限り、可能な範囲でやってくれます。完璧を求めずに、4割でも、六割でも、とにかく、ある程度、形にしてくれます。


幼い子供さん等、動きますからね。高齢の方も、良くお見かけしますよ。


少し前迄、長くお世話になった団体さんの、私が主に勤務したホームの近くにも、そういう床屋さんがありました。ご夫婦は、私と同じくらいの年齢でした。


コーヒーさんと、ワンピースさんが、定期的にお世話に今もなっていると思います。


コーヒーさんが一月半くらいのスパンだったかな?

ワンピースさんは、受けた教育が、コーヒーさんの世代とは、20年違うので、キライなのですが、動かないでいられます。

コーヒーさんは、床屋さんが大好きですが、到着して、椅子に座ったら、もう満足して、ご本人の中では、おしまいです。


お二人共、敢えて言えば、自閉症傾向の方。


感性、感覚が、一般の人と違います。


汚れない様に、ケープを掛けたり、タオルを巻いたりして下さいますが、コーヒーさんは、忍者の様に、みんな外してしまいます。

まだ健康な方と同様に仕事が出来た頃は、良く付き添いに行きました。もうコントでした。


でも。

シャンプー、顔そりは無しですけれど、30分くらいで、時に応じて、それなりに形にして、襟足や、眉は、剃刀で整えて下さっていました。


コーヒーさんは、自宅の近く?の床屋さん?で、完璧にしないとダメな方に、何回か行って、動きますし、完璧迄待てませんし、断られてしまった事があるそうです。


以来、お父さんが、コーヒーさんと、風呂場で格闘していたそうですが、長さは切れても、透く事が素人は出来ませんから、いつも、ぼんやりした頭をしていましたっけ。


地域のその床屋さんが受けてくれる、それなりに、その時なりに、おかしく無い様にしてくれる、と判って依頼、ずっと、その床屋さんに通っています。


変な勤務先の利用者さんにも、床屋さんに行けない方はありました。


どうしても暴れて無理、な段階の方は、職員さんで、美容師の勉強をした事がある、障害者支援に実力ある方が、ホームでしていましたっけ。


待つ事が出来ず、少し待つと、スイッチが入り、現実から逃れる逃避の反応だと思いますが、爆裂的に暴れてしまう方、は、10分カットでした。


仕上がりにどうしても、劣ります。


地域社会資源の活用、なんて、介護屋の世界では言いますが。


八百屋さんで買い物をする、バスに乗る、一般の個人医院で、風邪を引いたら診て頂く、床屋さんに行く等、普通の方が当たり前にしている事を、当たり前に出来る、ストレスなく出来る様に工夫をする。等が、立派な社会資源の活用ですね。


まだまだ、知的障害者、家内の様な、在宅の寝た切りの精神障害者に対する支援や、そのシステムは遅れています。


障害者専用の、特別な事をする場所が必要なわけでは、必ずしもないんですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック