bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ips細胞騒動
医師ではありませんから、ips細胞と、es細胞のどこが違って、なんで、人体の全てのパーツに変化出来るのか 等は、一切知りませんけれど。

某氏は、名声と、地位と、金が欲しかったんでしょうね。
医師免許がないそうですから、妬みもあったのではないかと感じますが、人の頭の中は判りません。


医療には素人の私ですが、心臓機能障害により、人工弁を縫い付けている私は、一瞬、ちょっとだけ、『もし、臨床出来るなら、私の人工弁と、削った(石灰化の為)弁輪は、ips細胞で、復元できて、元気いっぱい、全くの健康体になれる と言う事だよね』と思いましたもの。

意図せず、夢に、ips細胞の手術現場 の様な光景が出てきました。



翌日にはばれる様な嘘つくのは、幾ら、虐げられていて、思う様な名声のある医師人生が送れなかったからと言って、困ります。

町のクリニックの医師の方、勉強していない訳ではありません。
世界に嘘をつくのなら、街でクリニックが開業できる能力のある医師の方々を見習って、これからでも、きちんと学習して欲しいですね。


難病の方もそうですが、身体の一部を何らかの原因で失った、身体障害者が、みなさん、私も含めて、一瞬でも期待した事は否めないと思うんです。

一般の本にすれば良かったのにね。
『もし、こういう仮定で研究が進めば、理論的には、こういう事が可能になる筈だ』という本を書くのは、別に倫理に反していないと思いますし。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック