bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



妻が倒れまして
大したことではありませんでしたが、精神病院通院中に、病院内で、倒れたそうで、病院と本人から、連絡がありました。

妻からメールで連絡が入った時間が18時でしたから、まあ1時間くらい前には、倒れたのでしょう。

PHSの悲しさで、私がおかしいと気付いたのは、自宅のドアを開けた時でした。
18時40分頃です。

この時間なら、妻は間違いなく帰宅している筈です。電話をしようと、PHSを見たら、メールが着信していて、開くと妻でした。

倒れたので、主治医に電話をして欲しいと一言だけ。
確かに倒れてもおかしくない状態でした。

すぐ電話すると、主治医が出てくれまして、元気はないが、しばらく休んだら、通常の状態に戻った、との事でした。

迎えに行きます、と言うと、そう勧めたが、タクシーで帰るとて、退出した、と仰り、受付の方に、鷹山さん、もう帰った?と聞いて下さいました。

薬局に向かったらしい、との事。薬局の電話を知らぬので、やや慌てると、医師は冷静ですね。

携帯電話に電話されるのはダメですか?と。

ああ!その手がありました。ありがとうございます!で切って、妻に電話しましたら、まだ薬局に居ました。


倒れたヤツが、何が悲しくて、タクシーに乗る?迎えに行くから、おとなしく薬局で待ってなさい!

と伝えて、車で迎えに行きました。考えてみたら、19時で薬局が閉まる筈なので、病院に戻れ、と言えば良かったのですが、10分程過ぎて到着すると、外の植え込みに腰掛けていました。

とにかく乗せて、向きを変えて、病院に行くと、受付はもう閉まっています。

診察室のある辺りに、どなたか居られないか、見に行くと、処置室に、初老の男性の看護師さんがおいででした。

外来患者の対応をされている、看護師さんです。

で、事情を述べて、お礼を申して、主治医の方にもよろしくお伝え下さい、と挨拶して、車に戻ろうとしたら、主治医の方が来て下さいました。まだ診察室に居られた様です。

伺うと、どう倒れたやら解りませんが、とにかく倒れて、本人は、倒れてから、主治医がだーっと、診察して下さる様子を、全部覚えている、と話したそうですが、意識消失が短時間ですが、あったそうです。


こちらも、介護屋のプロですから、主治医の方も専門用語で、それだけで、その他は所見ありません。大丈夫と思いますが、もし何かあったら、電話を下さい、と教えて下さいました。


所見無し、と言うのは、倒れたのですから、打撲していたり、痣が出来ていたり、痛みがあったり、は、するのが当然でして、それは所見には入りません。


精神科的な明らかな不具合とか、頭を強打していて、脳に影響がありそうだ、とか、生命や、病状、障害に、多大な影響を与える事柄はない、と言う意味です。
タクシーに乗らせなかったのは、運転手さんは、本人の障害を知りませんし、自宅も知りません。

本人が気力を振り絞って、案内をせねばなりません。支払いにも、もたもたしますから、焦ります。

更に疲労困憊します。

私なら、寝ていれば自宅に着きますし、気楽です。だから乗らせませんでした。

帰り道に、少し目を開けたので、用事があるか、このまま真っ直ぐ帰宅したいか、温かいものでも食べてから、帰りたいか、聞くと。
空腹なので、○○うどん店に行きたい。お腹が空いたので、食べて帰りたい、と言います。そのくらいなら、又、躓いたりしない限りは、静かに行動すれば大丈夫。さっさと帰れる、セルフサービスのうどん店で、夕食を食べて、帰宅しました。


帰宅したら、少しは緩んだ様で、やっぱり頭を打っている、とても痛い、等といい始めました。

気付くと言うのは、ほんの少々でも、気分がガチガチに高揚している状態から、緩み始めた印でしょう。


主治医殿は、短い意識消失の他は所見無し、との事だから、脳外科やら、神経科やら、には用事はないので、痛みが酷ければ、痛み止めを飲みなさい、と話して、少し落ち着いたみたいです。


このところ不調激しい様子で、おかしな気分の高揚があり、疲れ果てているのに、眠れない、疲れが取れない、だるい、動けない、とやっていましたし、病状が悪い時に出る思考や、行動や、拘り等が強かったので、倒れた事で、弛緩して、倒れるべくして倒れたのだろう、と思います。


短い時間でしたが、冗談話も多少していたので、まあ、何事ないでしょう。とっくに正体なく眠っています。

愛人を作る時は、精神科の医師と、障害者相手の介護屋でない、若くて、金持ちで、容姿端麗の男性にするそうです。


亭主が障害者メインの介護屋で、気の毒な点もありますが、こればかりは、縁の話で仕方無いですね。


お蔭で、私も昼間は、失業保険に関する様々で、疲労困憊だったので、これから色々薬を飲んで、明日は、と言うか、本日からしばらくは、多分寝た切りじゃないかな、とおもいます。



介護屋も、家族の介護は、ちと無理なんですよ。家族ですからね。今日はヘルパーさんが来て下さいます。
メモだけして、後はおまかせですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック