bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



掘ってはいけない山?
登山の山ではなくて、家内の自室の様々な山の話です。

双極性障害2型で、障害者手帳2級、労働禁止で、寝た切り


これで、自分の事が全て自分で出来たり、家事が出来たりするには、膨大な年月を要します。


秋めいて来ていますが、衣服の入れ替えなんぞ、出来ませんので、売る程の衣類があるのですが、新品のまま、太りに太りまして、着られなくなっています。


夏そのものの衣類や、部屋着を数枚繰り返し着ています。

さすがに本日は、精神病院に行かねばならぬ日なのですが、陽気が寒く、世間の方々も、夏そのものの格好はしていません。


ジーンズがどこにあるか、解らないと言う事で、ちょっと私が探しました。

本人は、夏も盛りを過ぎた頃、ヘルパーさんに入れ替えして頂いた、美しく整理された衣装ボックスにある、と言います。

衣装ボックスは、家内の部屋には納まりきれず、納戸?みたいに使っている、家内の部屋の隣の部屋にあります。

この部屋は、家内の部屋と並んで、北向のベランダに面しているのです。

ヘルパーさんの通路、作業をする場所として、機能しています。


衣装ボックスが、美しく整理されたまま、と言う事は、様々な理由で、家内は、開けた試しがないのです。

そこにジーンズがある訳はありません。


家内の部屋の一角に、何やら積み上げてある場所が、何ヵ所もあります。

その中のある場所には、衣服が山積みになっています。高さが1メートルくらい。


今はここに置いて、後でタンスや衣装ボックスに整理しよう、と本人は考えているのでしょうから、私が片付けたり、整理する様に煩く言う事はありません。


禁断の掘ってはいけない山、ですね。


掘ってみました。
初めて。

一番下は、着かけの真冬物。ジーンズも全て、その山の下の方にありました。


余りしたくないのですが、真夏の服装で外出も困りますし、本人が寒いし、恥ずかしいですし。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック