bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



職安と病院巡り中です
失業中ですから、積極的な就職活動がないと、給付が受けられません。ゆっくり探すつもりですが、良い所があれば、勿論、やぶさかではないので、1つ紹介して頂いて来ました。


先般の履歴書、保存しておいて良かったんだか、写真も沢山用意しておいて、どうだったのか、判りませんが、とにかく、データはありますので、ちょっと作り直しましょう。


なかなか見つからないのですね。


私の専門は、知的障害者地域日常生活支援、ですが、もっと細かくすると、重度知的障害者共同生活介護、と言います。


共同生活介護は、自立支援法上の、重度の障害者の方向けの、グループホームですね。

軽度の障害者の方向けは、共同生活援助、と言った様に思いますが、こちらは法的にも、グループホーム。


重度向けは、実は容易いんです。ご本人の考える力が、障害の為に、比較的単純な為ですね。


勿論、この稼業のプロとしては、と言う意味合いです。


軽度、中度の方は、ある程度、ご自分で考える力があります。だから、支援者は難しいんです。

軽度の手帳の方でも、何かが、障害の為に、決定的に欠落されています。

考えをまとめる時に、良い支援者が、ご本人が、ご自分の意思を上手にまとめられる様に、何かに躓いた時に、納得が出来る様に、接する時間は短いですが、密度の濃い、的確な心理的支援力が必要です。


重度さん向けと、中度、軽度さん向けでは、モノが違うんです。


紹介状を頂いた所は、自宅近くの、所謂作業所です。身体障害者の方と、知的障害者の方で、重度の方が通っておいでかと、思います。

色々お話を伺ってみようと思っています。



病院巡りは2〜3箇所です。
精神科に予約があって、これはいつも通りですね。

予約迄、まだ時間があります。


職安に行ったついで、と言うと失礼ですが、同じ駅に、時々、現状報告をしに行く病院さんがありまして。

健康保険が効かない事なので、治療そのもの?は、特殊外来に行きますが、管理して下さるのは、職安の駅にある、普通の病院さんにおいでの医師の方、と言う感じなんですが。


年に1〜2回報告に行けば良い程度なので、ふと久し振りに行って来ました。


病院さんは、その地域に古くからある、知られた病院さんです。

昔は、あちこちであった様ですが、単独の個人病院さんで、総合病院で、医療費の減免を、病院独自で、今もやっています。


医療費が生活を圧迫してしまう様な方は、行政に左右されず、病院さんとの話し合いで、減免して貰えたり、場合によっては、免除=無料になる事もあります。

生活保護を受けているか、とは、リンクしていないんです。


今はこういう病院さん、少なくなりましたね。



昔ながらの総合病院さんで、駅前にありますし、お年寄りの患者さんが多いです。


今時、システム導入が間に合わないのでしょうが、会計の時は、フルネーム呼び出しだったりします。


受付で、色々説明受けて、なかなか理解出来ないご様子の、高齢者の方が並んでおられたり。


診療科の窓口や、看護師さんとも。同じ様な光景が良く見られます。


昔ながらの総合病院ですから、高齢者の方は、若い頃は、大きな病院と言えば、そこしかなかったんだと思います。

貴重ですよね。
昔ながらで、地域に根差した、総合病院さん。


会計を待っていたら、とある方が、受付で、色々話をしておいででした。

受付の方が、話の中身を把握なさる迄、15分くらい掛かっておいででした。


本日、検査を予約してあって、入院も決まっている、高齢者の方の様子でした。

詳細迄は、まさか解りませんが。


本日、既に予約をしてある検査を受けたくない、お話の様子でしたね。


何かの制度をご利用の方で、検査は無料らしいのですが、入院が決まっている方の様で、入院中は、何やら実費も掛かるのでしょう。

費用が心配なのか、検査が嫌なのかは解りませんが、どうも。何が困るのか、受付の方では、引き出し切れない様子。


受付の方が、診療科の看護師さんを呼んで、患者さんが何が嫌で、どう心配なのか、聞いて貰う様にしていました。



市民検診の指定病院の様子で、基本検診は、予約不要のようです。
特定検診は、予約が必要だそうです。


沢山の高齢者の方が、予約不要だと考えて、特定検診も、本日同時に出来ると思って、申し出をされる様です。


特定検診は、予約していないと、当日は出来ない様で、その説明を、何人もの高齢者の方にしている受付の方もおいででした。


高齢者の方は、その場で、即断即決って難しい事がありますよね?
決まらない理由から、お話が始まりますから、延々お話に時間が掛かる方もあります。



システム化されていない部分はありますが、こういう病院さんは、貴重ですし、ずっと、昔ながらの対応をして欲しいな、と思いつつ。会計をして来ました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック