bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



地元迄辿り着きました
何気ない様で、自分が人並みに出来ない事、に、帰り道に気付きまして。


郊外の田舎から、要するに、滅多に行かない大都会に行ったのであります。

大規模ターミナル駅も乗り換えに使いました。

ここらの駅は、規模のたかが知れています。都会は違うんですね。健常者だった頃は、気付きもしない事でした。


乗り降り、乗り換えは、何らかの方法で、歩くでしょう?エレベーター、エスカレーターも使いますが、エスカレーターは曲者で、大抵、一番隅っこにあります。都会の乗り換え通路、ホーム、複雑かつ長いです。エスカレーターにたどり着くのが大変。


階段もですね。都会の電車は、複雑に絡み合っていますから、延々と降りて、通路を歩き、延々と上る、みたいな事になりますね。


大学の中を少し見物してきたのです。あれから。大学も昔のままの所もありまして、古くからの食堂、売店等は、地下にあります。今はガラス張りのカフェテリアみたいなのが、新しい建物には、明るく太陽が入る様に作られていました。


今の方には信じられないかも知れませんが、私の両親が夫婦になったくらいの、大昔は、社員食堂等は、地下と決まっていました。暗くて、狭くて、汚い。

そんな名残の感じられる建物の地下を、当時私は利用していたのでしょう。


階段が凄く急なんです。健常者の頃は気付きませんでした。一段の高さが、少し高め。


そんな地下の昔の名残を見物して、さて、帰ろう、と駅に戻る時に、又、気づく訳です。

自然な地形ですから、どうしようもないのですが、大学が低い位置にあり、駅は高い位置にあります。


坂なんです。坂の名前もあります。帰り道は上りです。上れませんでした。途中で休みながら上って、実は一本道を間違えました。


大学に一番近い駅なのですが、まあ、遠かったこと!

それで、都会の乗り換えは、ちょっと疲れた私には、きつくて、きつくて、困りました。


時刻は、通勤ラッシュが始まるくらい。とても、立って、地元の乗り換え駅迄は無理でした。


仕方無く、その駅が始発、になる事がほとんどの駅迄わざわざ行って、又、改札出て、乗り換え通路をごちゃごちゃして、やっと、通常の座席に座り、地元の乗り換え駅迄、半分眠って、戻ってきました。


そうなる、と言う自覚に、私本人が乏しいんですよね。困った本人です。



あ!八百屋さんですが、帰り道に発見しましたよ。

私が行きに、ビルが建て替えられた、と思ったビルの、1つ手前のビルでした。

一階は、セブンイレブンが入っていて、それほど豪華なビルではありませんが、10階建て。私の記憶では、大都会ですから、小さなビルだった、とは思うのですが?

何故判ったかと言うと、ビルの名前が、ご名字を使ったもの、なのに気付いて、失礼の無い程度に、エレベーターの脇の、各階表示を見たら、10階と3階に、ご名字がありましたから。

ご挨拶したいなあ、と思いましたが、30年近く前ですからね。成功されているんだな、と、安堵して、帰って来ました。


まだ消費税導入前の話です。

レジは、バーコードじゃなくて、手打ちでした。多分、今でも、当時の古いレジ、打てると思います。


当時は読み上げは失礼、お客様に不安を持たせる、と言う風潮で、読み上げする店もあり、しない店もあり、でした。

八百屋さんは、読み上げしませんでしたっけ。打ちながら、直接袋に入れながら、最後にお金を預かり、幾らお預かりします、と伝えて、お釣の金額はレジが計算しますから、幾らのお釣です、と、お客様に返しました。


余程忙しい時でなければ、全部1人でしたから、今のスーパーの袋詰めしないの、なんでかな?と思う方ですね。

最近はマイバッグですから、袋詰めは、お客がするかな?


コンビニエンスストアは、実は何でも出来たりします。介護屋しながら、生活に足りない部分、駆け出しの頃は、コンビニエンスストアで賄っていました。


ちょっとした旅行でしたね!
かなりくたびれましたけど、目的の書類は無事貰ったので。良しとしましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック