bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



大学に着きました
40年振りではありませんでした。30年弱ですね。


都会の乗り換え駅の連絡通路で、ビックリ仰天して、とにかく大学迄来てみますとね。


当時の面影、全然ありませんで、迷子になりそうでした。


建物がきれいになり、新築の高い建物が出来、入り口近くや、学舎の中に、コンビニがあったりします。

一番驚いたのは、当時アルバイトをしていた八百屋さんがありましてね。バブルの頃に、ビルにされて、八百屋さんは一階、お住まいは、最上階、みたいにされていた筈が。

全く違うビルに変わっていました。ご主人と、奥様、ご主人の妹さん、ご主人のご両親で、ご主人ご夫婦は、今の私よりも高齢だった様に思います。

お子さんはおいでだったかどうか。少なくとも八百屋さんには居ませんでしたから、独立されていたのかも知れませんね。

妹さんは、独身で、実質的に、お店を切り盛りされていましたっけ。

当時40代くらいに見えましたけど、どうでしたかは、判りません。


今は必要書類は貰いまして、学生さんがたむろしている、休憩コーナーみたいなところのベンチにいます。

大学生って、子供に見えますね。


他に、かなり驚いた事は、当時、まさか学生運動はなかったですが、あちこちの大学には、学生の自治と言う事で、大学関係者はシャットアウトな、怪しい怪しい学生会館がありました。

カクマルだか、チュウカクだか知りませんが、東大紛争やら、早稲田闘争やら、そんなのが、私が生まれた頃、大都会ではあったようですけれど、結構田舎の都会にも、残存物件等があったのです。


授業の前後に、ヘルメットにタオルで顔を隠した、どう見ても、30代、40代の人が、演説しに来たりもした事でした。


先ほど、放送があったのですが、カルト宗教で、破壊的な団体が、大学に入り込み、個人情報を悪用するので、充分気を付ける様に、と言う様な内容でした。


散々迷子になって、用事が済んで見回すと、当時の建物が、新しい建物に取り込まれる形で、残っていました。



大学時代、私は友人を作りませんでした。知り合いくらいは数人いましたが、名前も失念しています。


私がいるベンチの回りには、思い思いに、群れてお喋りしている子供達が様々居ます。


少し、当時が偲べる感じですね。


もう当分来る事もないでしょう。


県営の電車には、私は無料パスがありますが、学生は余り利用しない線なのでしょうか?出入口に駅員さんが居ませんでした。

確かに一般の人は、駅は少し遠いですが、別の路線を使った方が安いので、そちらを使うのでしょうね。


当時あったビルで、残っているものもありましたが、オーナーさんは、コロコロ変わっているかも知れません。


さて。帰りましょう!
明らかに周囲から浮いていまして、私の回りには、学生さんはたむろしませんし。


おじさんが1人で座って、メール打っていたら、近づかないよね。


私のブログはメール投稿が出来ますから、日記の更新は、メールが多いんです。

これもPHSからのメール投稿ですよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック