bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



これから職安に行きます
昨日をもって、退職しました。今日は、失業保険の給付手続きに、電車を乗り換え、駅から徒歩で、管轄の職安に行くのです。

当地は台風も風が酷い程度で、電車は軒並み止まりましたが、私は車通勤なので、そーっと帰り、何事なかったです。


給付手続きと同時に、求人情報窓口に、昨日退職した団体さんの情報提供をして来ます。


私の自治体は余り大きくないので、自治体内に、職安はありません。検索と紹介状を機械的に出すだけ、の分室はありますが、給付窓口は、本局に行かないとないんです。


私の例が参考になる方は、かなり少ないと思いますが、特例を1つご紹介します。


普通の方は、失業保険の給付を受ける場合は、雇用保険加入期間が、どのくらいだったか、で、給付日数が決まりますね。

会社は跨いで良いのです。途中、仕事をしていない期間があっても、通算されます。但し、1年以上、雇用保険加入出来る働き方をしていないと、通算が切れまして、新しく雇用保険加入出来る働き方を始めた時から、数え直すそうです。


特定受給資格者と言うのがあります。

リストラ、倒産、解雇等、転職の準備期間のなかった方です。解雇は懲戒解雇はどうか、ちと判りませんが。会社都合の退職等がこれにあたります。

でも、これ、待機期間がないだけで、そんなに日数は増えません。待機期間は、普通の方は、3ヶ月掛かります。だから、その分を準備して、退職した方が良いでしょうね。


その他に、特例として、就職困難者、と言う扱いがあります。

私は利用出来ますが、何か、やや腑に落ちない制度だな、とは思うのですよ。

就職困難者とは、障害者等を言うらしいです。職安に問い合わせたら、障害者手帳がある人、と言う事の様です。

若い方は、就職困難者=障害者手帳がある、でも、それほど一般の方と違いませんが、私の様に、中年は遥かに越えた障害者手帳を持つ者は、ビックリする程の期間が支給されます。

46歳以上の方?45歳と1日以上の方?

雇用保険加入期間が1年以上あれば、丸1年、360日出ます。


私は雇用保険加入期間は、15年に満たないくらい、と思います。


パンフレットには、障害者等、とありますがね。


該当する障害者、身体障害者くらいしか、思い付きません。


体調不調で、遥か昔に、鬱病で、大きな会社を退社し、それから転げ落ちる様に、青色申告適用者になった、私の妻は、申し訳程度の、普通の給付を受けただけらしいです。

手帳を取ったのは、躓いてから、30年近く経った、数年前ですから、こういう私の様な、法律やら、規則やらに煩いヤツでもないと、障害者等、の、等に当てはまるかどうか、調べるのも大変です。

知的障害者の方でも、雇用保険加入で、働いている方はありますが、知的障害者手帳も、ちゃんと認めてくれるのか、手続きが出来るのか、精神障害者手帳保持者と同様、何となく疑問に感じますね。


鬱病で倒れたやらの時は、休職していたり。健康保険組合の、傷病手当金を貰っていたり。傷病手当金を貰っていたら、ダブルでは貰えませんし、雇用保険は、給与と加入期間で出ますから、傷病手当金を貰っていたら、給与はゼロですので、多分、出せません。


と。


元気で働いていた普通の人が病に倒れ、身体障害者手帳を取り、療養後、復帰しだ、継続して働ける状態にないと、会社さんの判断があって、会社都合で、体調不調を理由に退職になった、と言う様な、レールに乗った形でないと、適用されない様な?


じゃ。そういう身体障害者が1年置きに、就職と退職を繰り返して、1年置きに、給与と失業保険で、何度でも遊んで暮らせる訳はないと、思いますしね。


就職困難者は、雇用保険加入期間が1年でも、20年でも、給付日数は同じです。



うーん。


就職困難者の要件、1年置きに就労と失業を繰り返して、1年置きに遊んで暮らせる訳はない、等、パンフレットレベルじゃ判らない事、満載です。


知らない就職困難者に該当する方に、職安さんから、該当しませんか?と、丁寧に聞いてくれるか、は、ちょっと判りませんが、受付窓口が、一般の方とは、全く別ですから、自分が気付かないとダメなのかな?


さて。

手続きに行ってみます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック