bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ホームに戻ると
ちょっと何かあると、特に週末は、ルーチンな自閉症の方が納得しやすいリズムが狂うので、狂乱してしまう方がありまして。


まさに狂乱中。お一人狂乱していると、他の方にもとばっちりがいきまして、起こらなくて良い、厄介が次々起こります。


申し訳ないですが、狂乱しがちな方に、付きっきりになっていたアルバイトの方(経営者の方の息子さんです。経験が足りません。)と、他に常勤の職員さんがおいででしたが、その常勤の職員さんが対応なさると、その利用者さん、とことん迄、狂乱してしまうのを、毎週見ています。


経営者の息子さんが、なんかで、その場を離れましたので、私が付きました。


ああ、私も伊達に15年やってる訳じゃなかった、と少し感じたのですが、何で、突っかかって、身体中に、余計な力を入れて、甲高い声で狂乱しているのか、始まりは、私は知りませんが、流石に3ヶ月でも、付き合いがあると、何となく、雰囲気を察して、こちらも出来てしまう、と言う事に気付く訳です。



慣れない方は、その利用者の方が、何かの言葉、動作、行動に拘ると情報を得ると、次に進んで貰う為に、執拗に、拘りの言葉、動作等を繰り返して、追い詰めてしまう事があります。


その利用者さんが、次に進めなくなっている時は、大抵、原因2つのうち、どちらか、です。

1つは、儀式行動等を、意味なく、ぶったぎる様な事をした場合。これは戻ってやり直して貰うと、先に進める時があります。


2つは、支援者が下手で、狂乱状態に追い詰めてしまった時ですね。慣れない方は、必死で儀式行動を利用して、この儀式行動をしたのに、何故、次に進まないのか、と、あれこれ、アプローチを変えて、どんどん追い詰めてしまう事が多く、それが本人さんを狂乱させている事に、気付けない訳ですね。


そこらは、もう、その場の利用者さんとの呼吸です。


毎回、週末は、20時過ぎる迄、食事に停滞している、その利用者さん。

今日は、うまく私と呼吸が合い、平日に近い様子で、まあまあ何とかなりました。


でも、明日、同じ方法でうまく行くかどうか、は、又、別の話なんですね。


狂乱状態になりやすい方は、まず狂乱し始めたら、とにかく狂乱に向けて、まっしぐら!にしない事から始めないと、なかなか難しい様な気がします。


とはいえ、9/30で終わりです。まともな団体さんであったら、とは思いますが、こればかりは仕方無いですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック