bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



素人探偵続き
昨夜は、睡眠薬が効いてきて、途中で私が、強制終了になっちゃいました。

もう少しあるんです。

都道府県の福祉保健局に、指導部と言うところがあると、電話の中で知りました。


では、相談、情報提供等に出向いたら、今の職場の認可を取り消しの為に、調べてくれるかな?と思いました。


認可をする係、つまり、所定の書類がちゃんと揃っていれば、認可する訳だそうです。

じゃあ、ダメな団体は、取り消しにしてくれないかな?


はっきりしませんでしたが、書類は形式審査らしく、利用者さんへの虐待等がある、と知らせがあれば、止めなさい!と言えるらしいのですが、許認可は出来ても、職員に対する権利侵害は、あくまでも、労基法が根拠になるので、話は聞くが、法的強制力がない、と解りました。


縦割り行政、イヤになりますが、仕方無いですね。

そうしたら、電話で話していた、係員の方が、○○団体ですよね?と、ふと言いました。

当たりなんですが、私は市区町村の名前は言いましたけれど、団体の名前は口にしていません。


何故解ったか、聞いたら。

話の内容と市区町村の名前で考える?検索する?と、その団体以外ないので、と。


そして、半分無駄話になり、係員の方が、ぼそっと口にされました。

特定非営利活動法人、と言う種類の団体です。資本金が少なくて良いらしく、比較的手軽に、法人と言う人格が持てます。

社会福祉法人よりも、簡略化された義務で、フットワークが軽く動ける、等の事があるそうです。

特定非営利活動法人の資本金の上限額は設定されておりません。最低額は決まっているのかな?


係員の方が呟いたことは、特定非営利活動法人がお金を持っていてはいけない、と言う決まりはないのですがね、と言う意味の事でした。

前代未聞の許容範囲を大幅に逸脱していますよね、とも言います。


私も調べたので知っていますが、資本金が1億円です。

社会福祉法人にするか、株式会社にするのが、商業習慣の常識です。


何故そんなに資本金がうなぎ登りにあるか、といえば、職員待遇をせずに、役員報酬は高くして、がめて、しこたま溜め込んだから、です。

社会福祉法人化すると、税金等が厳しくなるらしく、脱税等がしにくいらしいです。


社会通念上、1億円の特定非営利活動法人なんて、聞いた事がありませんし。


で、時給制で800円。

悪どい事。やっていそうですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック