bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自治体運用
自立支援法は、国の制度です。しかし、運用は自治体裁量ですから、ある自治体と、隣の自治体で、全く運用が違う事があります。

裁量権は自治体にありますので、都道府県、国に申し立てしても、多分、通用しないのでしょうね。


私が住まいする自治体は、3障害全てで、いわゆる重度障害者、税法で言うと、特別障害者は、無条件で、『重度障害手当金』が支給されます。本人は、何もする必要はなく、申請書が渡されますから、記入して、三文判捺印?まあ、その程度。


どなたが重度障害者か、と言うのは、国の自立支援法で決まっています。

身体=1級、2級

知的=1級、2級

精神=1級

です。

私は最重度身体障害者に当たります。1級です。

妻は中度精神障害者に当たります。2級です。


だから、私には自動的に出ますが、妻には絶対に出ません。簡単明瞭です。


今月末で、要するに辞める羽目になりますが、その団体のホームは、隣の市です。

重度障害手当金って、私の住まいする自治体では、3障害一律で、1ヶ月、15500円です。


団体が団体ですから、仕組みもさっぱり判らないのですけれど、手帳が重度、では、その自治体は、重度障害手当金出さないそうです。


都道府県の心身障害者センターの支所が、かなり離れた自治体にありまして、そこに面倒な書類と共に、本人を連れて行き、これはどうしようもなく酷い、と、お墨付きを貰った、手帳が重度の障害者にしかでないとか。


で、行動援護付き、昨日狂乱状態で丸1日、訳が判らなくなっていた方を、本日、手当金申請の為に、自治体の心身障害者センターの支所にお連れする事になっていました。

付き添いは二人居ないとダメ、だそうで、本来休みの私が働かされている訳であります。


支所に着いたら、ホームのトップから、電話が掛かって来ました。

昨日、丸1日狂乱した、ご本人、はっきり言えば昨日の常勤職員さん=そのホームでは、まだ1ヶ月経っていない、慣れていない方、と、昨夜の宿直の、理事である常勤職員さんが、二人とも、下手くそだった、と言う事ですね。


ご本人が様々な事に混乱してしまう前に、1つ1つ、埒を開けないと、幾つもごちゃごちゃになってしまいます。


勿論、私が何か出来たか、成功したか、は判りません。出来ないかも知れません。

が。対応の仕方、余り良いとは思えませんでした。結局、本日、昨夜、風呂に入らなかった事を、本人さんが思い出されて、発狂したような声を挙げているのが、聞こえました。

対応されているのは、尊敬出来る、男性の常勤職員さんですが、日曜日も、私がお風呂の介助をした時に、理事である常勤職員さんが、やや面倒な事をして下さり、私も失敗して、危うく風呂に入るに、狂乱なりそうでした。


昨日は、慣れない常勤職員さんの言うままにやりました。指示通りにやって、非常勤の私には、対応をさせなかったですね。


ただ放置、でしたから、まあ、昨夜のうちに、絡まったものをほどかないと、厄介な事になりそうだな、と思いつつ、本人さんの中では、昨夜、男性である私と風呂に入っていませんから、時間を戻してしまいのですね。


で、尊敬している、実力ある職員さんが手に負えない状態の様子。



原因の大元は、慣れない昨日の昼間の宿院さんの。下手くそな対応でしょうね。

私を勤務延長しても、風呂に入って貰っていれば、と思いますが、理事である常勤職員さんが、時間通り帰れ、と言うのですから、仕方無いです。


こんな騒動になっても、本人さんが、勝手に混乱した、で済ませるのかしら。


私は本日休みのところ、無理やり付き添いにされまして、現地で30分待機しましたが、その分しか勤務時間にしないそうな。


当日キャンセルは、何でも全額保障ですが、その手続きが終わる迄、と言う、曖昧な話なので。


困った。困った。


利用者さんが一番迷惑を被ります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック