bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



何があったのでしょうね?
拘りの強い方がおいでです。儀式行動に、がんじがらめになって、狂乱状態になる事があります。


何か、があった筈なんですよ。昨日も不安定でした。
今日は、昼過ぎから、キャーキャーやっていたらしいです。


1つ躓くと、端から躓くものでして、本日は丸1日狂乱していました。風呂も入りません。

昼過ぎに、何かに拘り出して、対応されたのが、9月に配属されたばかりの、若い女性の職員さんでした。

本人さんが、何かに拘って、狂乱しているのは判る様子でしたが、何で躓いているのかは、全く判らない様子です。


こういう時に、放置したり、本人さんが、自力で納得なさる迄、接触せずに待つ、と言う事も、勿論大切ですよ。


どんどん拗れて行く時は、多少強引な介入をした方が良い時もあるのでは?と思いますが、慣れない職員さんが、強引な事はダメです、と言うので、本人さんには申し訳ないですが、見守りと言う名目の、放置をせざるを得ませんでした。


本人さんは、長年の施設生活で、自分が最終的に困る様な生活が染み付いて、自分で自分の首を絞めている訳ですが。


丸1日狂乱していたら、もう何が何だか判らなくなっている訳でありまして。


どんどん訳判らなくなって、とにかく何でもイヤイヤ状態になる迄放置しておくの、慣れない職員さんとして、どうなんでしょうね。

宿直は、私を嫌いな理事である、職員さんです。それなりに何とかされましたが、本人さんは、風呂に入れませんでした。


ああーここは、こういう経営なんだ、と改めて思いましたが、理由なく、解雇同様の事をされていますので、何だか訳が判りません、と伝えたところ、理屈が代表殿と同じ。


何だかなあ〜
現場は良いだけに、勿体無いですね。


スイッチが入る方と、外出しました。いつもは、コンビニエンスストアで、コカ・コーラと、ポテトチップスを買って終わりです。

その方の知っている、短絡的な欲求は、それであります。

それだけでは、勿体無いです。その方、コーヒーがお好きです。ホームでも、一応、ドリップで淹れている様です。作りおきですけれど。


拘りのコーヒー!みたいな喫茶店がたまたまありました。入ってみると、ペーパードリップですが、マスターさんの拘り満載の店でした。


淹れているところを見られる様にしてあります。

説明しながら、話をしながら、かなりの時間、興味深い様子で、じーっと見ておられました。


帰り道、色々話をしていると、その方が、珈琲美味しかったね!と言いまして、ちょっとびっくり。


私達よりも、感覚、感性が勝っていると言うか、鋭い方が良くおいでです。


その方の味覚が、鋭いのか、雰囲気で言ったのかは、判らないですけれど。


手軽には手軽で良いんです。少しずつ、知らない世界は、こんなに楽しい、面白い、美味しい、と言う事が判ってくると、利用者さん、様子が変わって来たりもするんです。


ハズレになっちゃう時もありますよ。大失敗ですね。


いつも拘る、施設時代に、そこしか行けなかった場所だけ、では、利用者さんは育たない様な気がします。


どうなんでしょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック